パラダイス文書が暴く富裕層・多国籍企業の露骨な租税回避!航空券税によるグローバル経済の制御に一定の成果も~場当たり的で不公正な税制改正に対抗する視点――青山学院大学で「税と正義」を考えるシンポジウム 2017.12.3

記事公開日:2017.12.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月3日(日)13時より、東京都渋谷区の青山学院大学にて、シンポジウム「税と正義/パラダイス文書、グローバル・タックス、税制改正」が行われた。

■ハイライト

  • 講演 伊藤恭彦氏(名古屋市立大学人文社会学部教授・副学長)「税の正義とグローバル・タックス〜パラダイス文書からひも解く」
  • 講演 津田久美子氏(北海道大学法学研究科博士課程、日本学術振興会特別研究員DC1)「EU金融取引税:現状と課題」
  • 講演 三木義一氏(青山学院大学法学部教授・学長)「2018年度税制改正の課題:格差是正は可能か?」

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です