合田寛氏 (公益財団法人 政治経済研究所主任研究員)講演「パナマ文書とタックスヘイブンを考える 富裕層や大企業の税逃れを許さないために」 2016.5.8

記事公開日:2016.5.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年5月8日、東京都文京区のアカデミー湯島にて、グローバル連帯税フォーラムの主催による、講演「パナマ文書とタックスヘイブンを考える 富裕層や大企業の税逃れを許さないために」が行われ、公益財団法人 政治経済研究所主任研究員の合田寛氏が登壇した。

■ハイライト

  • タイトル 合田寛氏 (公益財団法人 政治経済研究所主任研究員)講演「パナマ文書とタックスヘイブンを考える 富裕層や大企業の税逃れを許さないために」
  • 日時 2016年5月8日(日)14:30〜16:30
  • 場所 アカデミー湯島(東京都文京区)
  • 主催 グローバル連帯税フォーラム詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です