民族とはなにか?岩上安身が約40年ぶりに鹿児島の沈壽官窯を訪問!早稲田実業の同級生15代沈壽官・大迫一輝氏に一族の歴史を訊く! 2017.10.13

記事公開日:2017.12.30取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2017年10月13日(金)9時より鹿児島県日置市の沈壽官窯にて、岩上安身による十五代沈壽官・大迫一輝氏へのインタビューが行われた。

■ハイライト

  • タイトル 岩上安身による十五代沈壽官・大迫一輝氏インタビュー
  • 日時 2017年10月12日(木)9:00~11:00/13日(金)9:00頃〜11:00
  • 場所 沈壽官窯(鹿児島県日置市)
  • 詳細 沈壽官窯

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

“民族とはなにか?岩上安身が約40年ぶりに鹿児島の沈壽官窯を訪問!早稲田実業の同級生15代沈壽官・大迫一輝氏に一族の歴史を訊く!” への 1 件のフィードバック

  1. 片山泰都 より:

    エッセンス版を視聴しましたが、15代沈壽官・大迫一輝氏の話は、大変深い話だと思います。宜しければ、エッセンス版1時間30分~最後(1時間45分位)まで、公開して頂ければと思います。公開して頂ければ、市民連合等MLの投稿し、15代沈壽官さんが述べられたトランスネーション(他民族の心の理解)を呼び掛け、特に日中韓の相互理解・連携を呼び掛けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です