年金減額の危機!? 岩上安身のインタビューで涙した「元エリート・ニート」衆院東京10区補選民進党・鈴木庸介候補が「『年金カット法案』ストップ」を訴え自転車でドブ板選挙に励む! 2016.10.18

記事公開日:2016.10.18取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(城石エマ)

 「『年金カット法案』のストップ、この一点です!」

 東京都練馬区の平和台駅前。初秋に似合わず汗ばむ陽気の中、2016年10月18日、衆院東京10区補選民進党・鈴木庸介候補がクロスバイクにまたがりさっそうと到着した。

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2016年10月18日(火) 14:00頃~
  • 場所 東京メトロ・平和台駅北口(東京都練馬区)

 長身の鈴木氏は、立教大学経済学部卒業、NHK入局、コロンビア大学大学院修了、LSE(ロンドン経済政治学院)修了と、華々しい経歴を誇る。しかし10月9日の岩上安身のインタビューでは、33歳から2年間、いわゆる「ニート」の状態となり、精神的にも非常に追い込まれた時期があったことを明かしている。

「国民年金で1年間に4万円、厚生年金で14万2000円カット」 年金頼りの生活者目線で安倍政権を批判

 そんな鈴木候補は街頭に立つと、今国会の焦点の一つである「年金制度改革関連法案」の問題を訴え始めた。同法案を提出した安倍政権は、「現役世代の負担能力に応じて給付を行う仕組みだ」と強調するが、平均賃金が下がれば物価がどれだけ上昇しても、賃金の下げ幅に合わせて年金を下げる制度は、年金受給者の生活を圧迫しかねない。10月12日の衆院予算委員会の集中審議で民進党は、同法案を「年金カット法案だ」と批判した。

 鈴木候補は、「この法案だけはなんとしても阻止しなければならない」と述べる。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です