【東京都知事選】「たった1人で始める第1バイオリンから、皆さまがいろんな楽器を持ち寄って、ぜひ大きなオーケストラにしてまいりましょう!」~盛んに「孤軍奮闘」をアピールする小池百合子氏の第一声!美辞麗句の裏に極右思想が見え隠れ?! 2016.7.14

記事公開日:2016.7.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:高橋敬明 文:西原良太)

※7月17日テキストを追加しました!

 東京都知事候補として、参院選挙期間中に一番に名乗りを上げた自民党の小池百合子氏。しかし、自民党は小池氏を推薦せず、元岩手県知事の増田寛也氏を擁立した。さらに自民党は「各級議員(親族を含む)が非推薦の議員を応援したら除名」と書いた「命令書」を所属議員に配布。小池氏を突き放した。

 しかし、不思議な点もある。「各級議員が小池氏を応援したら親族まで含めて除名」と、強い態度を示しながら、にもかかわらず、当の小池氏は自民党を除名されていないのだ。これはどういうことだろうか?

 考えられる筋書きのひとつは、「保守分裂」騒動でいわゆる「お茶の間」の話題を独占し、自民党から冷たくされても健気に「孤軍奮闘」する姿を演出して無党派層の注目を集めることで、当初は参院選から目をそらさせ、現在は野党統一候補の鳥越俊太郎氏の存在をかすませようとする手の込んだ選挙戦略なのかもしれない。「増田氏と小池氏、どっちが勝っても結局は自民党」というわけだ。

 小池氏は、都知事選が公示された2016年7月14日、JR池袋西口駅前広場にて第一声をあげた。応援には豊島区長の高野之夫氏、自民党の若狭勝衆議院議員らが駆け付けた。

■ハイライト

  • 日時 2016年7月14日(木) 11:00〜
  • 場所 JR池袋西口駅前広場(東京都豊島区)

 「立候補に伴いまして、これまで参議院と衆議院で24年間働いてまいりました、国政を離れることになり、まさしく一人の人間として、組織、そして何らかのしがらみ、それを超えて、この都知事選にこれからまい進をしていくところでございます」

 「こういった大きな東京で、たった一人で立ち向かう。しかし今日は、この場にお集まりいただいた皆さん。いよいよ、今日から始まるこの都知事選で小池を応援してやろうじゃないかという、そんな皆さまがたがあちこちから声を出していただいているわけでございます。私はたった一人ではございません」

 「組織のバックアップがございませんと、さまざまな課題がございます。目の前の現実的な問題、例えば卑近な例でいうとポスターを貼ることもなかなか容易ではございません」

 「改革の同志が今各所でポスター貼りをやっていただいているというような状況。私はそれだけにこの戦い、厳しいです。これまで9回選挙をしましたが、これまでの選挙の中で一番厳しいです」

 小池氏は演説の冒頭で盛んに「孤軍奮闘」をアピールし、続けて聴衆に人気のある「無駄の削減」を訴えた。

 「都政をもっと『見える化』します。透明性を高めます。ガバナンスを明確にします。たった一握りの人がいつどこで何を決めているのかわからないような都政を、これをもうやめてまいります。皆さんからのお預かりしている税金。これもどのように使われているのか、明確にしなければなりません。そして行政改革。これも、むだなところはないのか、チェックをしてまいります。そして、東京オリンピック・パラリンピックの関連予算もしっかりと見ていこうではありませんか」

 さらに小池氏は興味深いことを口にした。自民党を除名されかねない状況にあると思われているが、にも関わらず、実は安倍政権の「別動隊」であることをはからずも口にしてしまったのである。

 「東京を特区として考えますと、このアベノミクスのまだもたついている部分を、東京でそれを先に実現することによって、日本全体を引っ張っていきたい。私はそう思っているんです」

▲演説する小池百合子候補

▲演説する小池百合子候補

「ダイバーシティ(多様性)」を強調し、「穏やかな女性」のイメージを振りまく小池氏、その実態はヘイトスピーチ団体「在特会」での講演歴を有する排外主義の極右議員!

 小池氏は「東京大改革」と称する、3つの「新しい東京づくり」を提唱した。その一つ目として「ダイバー・シティ」を挙げた。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です