NPO法立法過程記録 編纂・公開記念シンポジウム― 市民が法律をつくる、活動を記録する、共有して学ぶ 2016.3.2

記事公開日:2016.3.2取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年3月2日、東京都新宿区の東京ボランティア・市民活動センターにて、認定 NPO法人まちぽっとが主催する「NPO法立法過程記録 編纂・公開記念シンポジウム― 市民が法律をつくる、活動を記録する、共有して学ぶ」が開催された。

■ハイライト

  • NPO法の成立プロセスで起こったこと、積み残した課題 堂本暁子氏(元参議院議員、元千葉県知事)、松原明氏(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会理事)、山岡義典氏(公益財団法人助成財団センター 理事長)、辻元清美氏(衆議院議員、NPO議員連盟)、辻利夫氏(司会、認定NPO法人まちぽっと)
  • 市民活動を記録する、アーカイブ化する 三木由希子氏(NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長)、高木恒一氏(立教大学教授、立教大学共生社会研究センター長)
  • 今後の市民社会に向けて、この資料をどう使っていくか? 新田英理子氏(認定NPO法人日本NPOセンター事務局長)、中村国生氏(NPO法人東京シューレ事務局長)、関口宏聡氏(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会代表理事)
  • まとめ 坪郷實氏(NPO法人市民がつくる政策調査会代表理事、早稲田大学教授)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です