8・28緊急院内集会 共通番号(=マイナンバー)法案を廃案に! 2012.8.28

記事公開日:2012.8.28取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・花山/澤邉)

  2012年8月28日(火)、衆議院第1議員会館地階・第5会議室で「8・28緊急院内集会 共通番号(=マイナンバー)法案を廃案に!」が行われた。

 今国会において共通番号制度が審議されないことが決まった中で、反対の声明を表明している議員、各団体からの本運動に関する報告が行われた。

■ハイライト

  • 出席者
    塩川鉄也氏(衆議院議員、日本共産党)、糸数慶子氏(参議院議員、無所属)、白石孝氏(盗聴法に反対する市民連絡会、反住基ネット連絡会)、辻恵氏(衆議院議員、民主党)、辻村祥造氏(税理士、プライバシー・インターナショナル・ジャパン副代表)、清水雅彦氏(日本体育大学准教授)、水永誠二氏(弁護士、東京弁護士会)、知念哲氏(神奈川保険協会)
  • 日時 2012年8月28日(火)
  • 場所 衆議院第1議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 盗聴法に反対する市民連絡会、反住基ネット連絡会

 冒頭、挨拶に立った日本共産党・塩川鉄也衆議院議員は、法案審議が止まった国会の状況を説明した上で、マイナンバー法案の問題点を、「プライバシーを侵害する危険がある。あらゆる情報を一元化し、一つの番号で情報が統合される。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です