【IWJブログ】「国会議員枠」を否定した武藤貴也議員 辞職しないのは「利己的」との声もーー会見から閉めだされた 「週刊文春」が反撃! 武藤議員に男性との「買春」疑惑!? しかも変態奴隷プレイ!? 2015.8.26

記事公開日:2015.8.27取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:ぎぎまき、文責:岩上安身)

 武藤議員の金銭トラブルをめぐる疑惑を報じた「週刊文春」が、記者会見場から閉めだされたーー。

 未公開株を購入するための資金集めを巡る金銭トラブルが週刊誌で報じられ、自民党を離党した武藤貴也衆議院議員が2015年8月26日、記者会見を開いた。「誤解を招くような表現になったことは反省している」と、騒動となったLINE上での「国会議員枠」発言について釈明した。

 また、「週刊文春」(2015年8月27日号)が、「集金術」という言葉を用いて、株購入のための資金を武藤議員が集めたかのように断定している記述について、「事実と異なる」とコメント。「週刊文春」の記事には誤りがあると指摘した。しかし、会見での武藤議員の一連の発言について、「週刊文春」自身が反論する機会はなかった。同誌の記者が会見場から閉めだされていたのだ。

「ご迷惑やご心配をおかけしましたすべての皆様に、心からおわびを申し上げたい」。会見の冒頭、深々と頭を下げた武藤議員

■会見のハイライト

  • 日時 2015年8月26日(水) 13:00〜
  • 場所 衆議院第二議員会館(東京都千代田区)

金銭トラブルを報じた「週刊文春」を閉めだした武藤議員事務所

 「武藤さん、どうして雑誌は入れないんだ!」

 出席が許されなかった約20名の記者やカメラマンたちが、会見場に到着した武藤議員に向かって声を荒らげたという。その中には「週刊文春」の記者らも含まれていた。同誌の男性記者は、「週刊文春の記事について説明する会見なのに、週刊文春の記者を入れないのは筋が通らない」と、会見の参加を求めたというが、結局、閉めだされたまま終わった。

雑誌記者を会見に参加させなかったことについて、武藤議員の事務所は「あくまでも、数を制限させてもらうため」と説明している

 「発言の矛盾を突かれるのが嫌だったのでは」

 武藤議員がLINEのやりとりの中で匂わせた、「国会議員枠」の存在について追及している、政治資金オンブズマンの共同代表、上脇博之神戸学院大学教授はIWJの電話にこたえて、会見での武藤議員の発言には矛盾があると指摘する。LINEの一文についての説明が釈然としないというのだ。

 上脇教授が指しているLINEの文章とは、武藤議員が株の購入を持ちかけた友人のA氏に送った次の一文である。

 「株の枠を抑えてもらっていることは本当なので。あとこの案件はクローズだからね。正直証券会社からもうちが国会議員のために枠を抑えてるのとが一般に知れたら大変だと言っています。その辺呉々も注意して下さい。」(原文ママ)

 武藤議員が書いたこの一文からは、国会議員のために「株の配分」枠を押さえていることが知られたら大変だと、証券会社がそう言っていると読み取るのが自然だろう。しかし、記者から「国会議員のための枠があるという認識があったのか」と問われた武藤議員は、その存在を否定。次のように説明した。

 「『国会議員枠』が存在していたという認識は当時からもありませんでした。A氏に対して、国会議員が枠を押さえているということを言って資金集めをしては事実と異なるので、そういう表現を使ったり、私の名前を使わないよう、くれぐれも注意するようにとA氏に伝えました」

 つまり、『国会議員枠』というものがあると誤解されたら大変なので、そういう表現を使わないよう、釘を刺すための文章だったと武藤議員は主張したのである。

 LINEの文章自体は、武藤議員は自分の書いたものであると認めている。「捏造したものである」などと、事実を否定しているわけではない。となると、文章の読み取り方の問題になるが、どう読んでも、「国会議員のために枠を抑えてるのとが一般に知れたら大変だ(ママ)」とまで書いているのだから、「国会議員枠」というものが実在すると受け取るのが自然である。武藤議員が主張するようには読み取れない。

 にもかかわらず、武藤議員は繰り返し、自分の意図は違うと否定した。

 「私の真意は、一般に、国会議員のために枠を押さえていると誤解されたら大変だという意味合いで言った」

 しかし、「国会議員枠」なるものが、この世に本当に存在しないとなると、あたかもそのようなものがあるかのように言って、人から金を集めたことになる。これは、仮にそうだとしたら、詐欺ではないか。どちらに転んでも、武藤議員はアウトであろう。

「国会議員枠」なるものは存在するのか

議員の辞職は「今のところ考えてない」と武藤議員

 上脇氏は、「クローズだからね」という言葉がひっかかると話す。

 「『クローズだからね』ということは、やはり『国会議員枠』だから、ということだと思うんですよね。(武藤議員が主張するような趣旨であれば)『クローズだから』と言いますか? 『クローズだからね』という後に来る文章だということを意識すれば、あの弁明は矛盾すると思います」

 ほかにも、「週刊文春」が取材したA氏の発言と、武藤議員によるA氏の説明で食い違う点もある。そうしたさまざまな矛盾を追及されないために、「週刊文春」の記者らを会見場に入れなかったという見方を上脇氏は示した。

 「国会議員枠」なるものは存在するのか。

 上脇氏は「良く分からない」とした上で、今回の武藤議員の金銭トラブル報道から推測できる一つの見方を示した。

早い幕引きで喜ぶのは自民党!?

 「今回の会見で『国会議員枠』はないんだよって話になると、自民党は喜ぶでしょうね」

 武藤議員の政策秘書である宮崎資紹氏は、かつて、久間章生元防衛大臣の秘書を務めたベテランの秘書だ。上脇氏はそこに着目する。

 「宮崎氏は、過去、防衛大臣の秘書を務めています。昔からの国会議員や、昔からの秘書あたりは、そういうルート(国会議員枠)を残しているのかなとも思います。

 武藤議員は2011年で1回、2012年で2回目の当選、実質1年生議員ですよ。武藤議員本人は知らなかったんだと思います。でも、(ベテランの)秘書だったらそういうルートを残していたんじゃないかとも考えられます。

 もし、『国会議員枠』があるとなると、『前からあるはずでしょ』となる。急に生まれるわけはないですから。そうすれば、安倍総理や古参の国会議員は疑惑を持たれますよね。『リクルート事件だけじゃなかった!』となる。武藤議員の秘書が若かったらこうは思わない。でも、宮崎氏という秘書がいるからこそ、この話はリアリティがあるんです」

 上脇教授の言う「リクルート事件だけじゃなかった」とは、どういう意味か。

1988年リクルート事件

 リクルート事件とは、1988年に起きた贈収賄事件。未上場の不動産会社、リクルートコスモス社の未公開株が事実上の「賄賂」として、当時の政治家や官僚など政財界に譲渡されたとした一大スキャンダル。発覚したのは、当時の竹下登総理や宮澤喜一副総理・大蔵大臣、中曽根康弘前総理や安倍総理の父親にあたる安倍晋太郎自民党幹事長など、政権のトップに立つ大物政治家の面々に譲渡されていた。

 当時の竹下登総理は、この事件を機に首相退陣を表明。表明の翌日、竹下氏の秘書であった青木伊平氏が自殺。「国民に政治不信を招いた」として竹下内閣は総辞職をすることになる。「55年体制の崩壊」に結びつくなど、日本政治に大きな影響を与えた戦後最大級の汚職事件として知られている。

 「リクルート事件の繰り返しになるという認識はなかったのか」

 「国会議員枠」の存在を疑われることになった自身の発言について問われた武藤議員は、会見の中で次のように答えている。

 「リクルート事件は、事実、国会議員がその枠を優先的に押さえていたという事実が明らかになった。今回の件は、事実として、私が押さえていたわけではなく、B氏(武藤議員秘書の知人)が、得意顧客として証券会社から特別に枠を押さえていると聞いて、これで失った資金の穴埋めをしたらという提案をいただいた。事実としてリクルート事件のような、私が国会議員として枠を押さえていたということはない」

「週刊文春」が武藤議員の新たなスクープ! 「買春」疑惑を武藤議員は真っ向否定!

 会見から閉めだされた上、記事には事実と異なる記述があると批判した武藤議員に、今後「週刊文春」はどう反論するのか。

 実は、記者会見の同日、会見から2時間ほど経過した午後4時頃、「週刊文春」はWEB版で武藤議員に関する新たなスクープ記事を打った。

 「武藤貴也議員の“未成年買春”を相手男性が告白」と題されたその速報によれば、武藤議員は19歳の男性を1回2万円で“買春”したというのだ。会ったのは約20回に及び、議員宿舎でも関係を持ったと記事は書いている。

 “買春”と言っても、売買春が法律で禁止されているのは異性間のみであり、同性間は違法とはならないが、未成年の身体を金で買うという武藤議員の振る舞いを、「週刊文春」は誌面で「利己的」だと揶揄している。

 さらに記事では、武藤議員がこの男性に「奴隷」を要求したとするLINEの画像を掲載。記事の信ぴょう性について武藤議員事務所に問い合わせると、電話で対応した秘書はこの記事を「事実無根」だと否定した。…

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「【IWJブログ】「国会議員枠」を否定した武藤貴也議員 辞職しないのは「利己的」との声もーー会見から閉めだされた 「週刊文春」が反撃! 武藤議員に男性との「買春」疑惑!? しかも変態奴隷プレイ!?」への1件のフィードバック

  1. あのねあのね より:

     早すぎる離党届の受理は、最初からシナリオが出来ていた可能性が高い。あまりにも無駄なくそつなく滞り無くスムーズにことが運びすぎる。早くこの問題を終わりにしたい安倍晋三の意思がとても強く働いたのだと思う。
     安倍晋三がこの問題を一刻でも早く幕引きしたいのは言うまでも無くリクルート事件について再燃して欲しくないからだろう。安倍晋三の父親の故安倍晋太郎は、高級ホテルで他人のカネで牛乳風呂に入っていたこと元検察官の弁護士に暴露された。そういう人物でも有った。そういう人物だからこそリクルート事件で名前が上がったのだ。決して金銭的に清廉潔白な人物ではない。そのときの秘書の中には安倍晋三もいた筈なのでリクルート事件については言及はされたくないと云うことだろう。もっとも、何もやましいことが無ければむしろ積極的に言及した方がイメージアップにもつながるので、この問題を避けるということはやましいことがある可能性が大である。
     リクルート事件で値上がり確実な未公開株を撒いた人脈の繋がりと、リクルートコスモス社が受けるであろう利益が不可解なのが疑問であった。その疑問に唯一答えを出したのがオイルマンの藤原肇だ。藤原によるとそれは稚児趣味繋がりということであったが、最初は日本のメディアではなく、海外邦字紙に記事が書かれた。日本でこの情報に近いのは、江副氏がセミロングのカツラで変装した姿を報道した写真週刊誌だけだ。何故よりによって、長髪のカツラを被ったのか理解できなかったが、藤原によるとときどき女装していたようだ。
     ここへきて武藤貴也議員の未成年買春報道が文春によってなされ、同じ値上がり確実な未公開株事件であるリクルート事件との共通点が出てきた。それは年下の男性との性交渉を行うと云う稚児趣味だ。武藤の場合には株の購入名目でカネを集めたのに株の購入をしていないなど詐欺的要素が強い点がリクルート事件とは違うのだが。稚児趣味つながりによる秘密のサークル内における株の極秘取引ルートがあるのではないのか。下品なようだが、その点を調査することが今後は重要に成ってくると思う。普通の人の普通の常識では理解できない人間模様が事件の背景にあると疑うしかないだろう。
     最後にひとつ忘れてはいけないことは、週刊文春の記事によれば武藤が未成年男性との性交渉において1回もコンドームを使用していないことだ。武藤の未成年男性との性交渉は武藤が男性の肛門内に毎回射精していたそうだ。HIVやHPV、ウィルス性肝炎感染予防の考えが全く無いということが男性との関係における最大の悪である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です