「抵抗して『反対反対』と国会の外でわめいていれば与党は採決しないのか?」維新・柿沢幹事長が審議出席、修正協議の意義を強調 2015.7.14

記事公開日:2015.7.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・記事:ぎぎまき、記事構成:佐々木隼也)

 国民の支持と理解を得られぬまま、早期の採決に踏み切る構えの政府・与党に対し、2015年7月14日、民主・共産両党は国会審議を欠席した。そんななか、維新の党は審議に出席、その後に与党との修正協議にのぞんだ。

 午前の審議終了後、12時20分から維新の柿沢未途幹事長が記者会見を行い、修正協議への意気込みを語った。柿沢氏は「審議は途上の状況。明日、質疑を打ち切って採決などというのは、なかなか認められない現状だ」とした上で、「『100』飲まなければ同意ができないということでは協議にならない」と柔軟な姿勢を見せた。

 民主・共産が「緊密な連携」を約束し、審議を拒否するなか、維新が審議に参加し、柔軟な姿勢で協議に臨むことは、いずれは採決という「出口」を、政府・与党に用意する手助けになるのではないか。

 柿沢幹事長はIWJの質問に、「全く心外ですね」と2度強調。次のように続けた。

 「じゃぁ、何ですか、抵抗して『反対反対』と国会の外でわめいていれば、自民党公明党は採決しないんですか?

 むしろ、そういう数が足りない状況の中で、抵抗したフリみたいなことをやっている政党が、むしろ、こんな人たちの言うことを聞いててもしょうがないと言うことで採決を、自民党与党が決断するのを早めている、こういう結果を生んでいるとも私は思いますけど」

 折しも、午前の審議で質問に立った維新の足立やすし政調副会長は、民主党の審議欠席を否定したうえで、「これでは、与党がそろそろ採決したくなる気持ちもわかる」などと批判を展開した。

 会見の中で柿沢幹事長は、「15日の採決提案(があった場合)は到底『論外』と言わざるを得ない」と強調したものの、「憲法違反であり廃案」という民主・共産の認識とは一線を画すことが、あらためて浮かび上がった格好だ。

■ハイライト

  • 日時 2015年7月14日(火) 12:00頃~
  • 場所 衆議院内

※以下、発言要旨を掲載します

「高度な柔軟性を持ちつつ協議に臨む」

柿沢未途幹事長(以下、柿沢・敬称略)「午後1時から、自民党公明党との協議が予定されている。高村副総裁、北側副代表、この安保法制に関するオーソリティーの二人が直々にお出ましいただきき協議を行なっていただく。なおかつ、3時間の時間を取ってくれという話。私たちとしても心してかからなければならない。

 維新の党独自案で掲げた憲法適合性の確保、この点について、意を用いていかないといけないと思い、質疑においても申し上げてきた。拡大解釈の危険性が大きい『存立危機事態』という政府案に代わり、『武力攻撃危機事態』という概念を提出しているが、重要影響事態、周辺事態における後方支援等々の活動において、いわゆる憲法に抵触する武力行使の一体化になりかねないような活動に、戦闘地域の概念の問題や、輸送業務で運ぶもの、こうした点については一定のこだわりを持ってのぞみたい。

 でも、まぁ『100』飲まなければ同意ができないということでは協議にならないので、高度な柔軟性を持ちつつ協議に臨みたい。

 安保法制の特別委での審議状況を見ていると、歴史的な並行審議が今、行なわれている。しかし、維新の党の独自案に対して、質疑を行なっていただいた質問者の総質問時間を、今日現在、すべて足しあわせても300分、5時間レベルに留まっている。

 維新の党は、国際法違反だというレッテル貼りをされてるわけですけど、国際法専門家を招いて参考人質疑をやったらいいじゃないかと、昨日、私から委員長にお願いしている。これもまだ実現を見ていない、そういう意味では政府案を100時間積み重ねたからと言って審議は途上の状況にある。

 明日、質疑を打ち切って採決などというのは、なかなか認められないというのが現状のところ。

 最終的な党の意思決定は全議員が参加をして、両院議員懇談会を開催して所属議員の意見を聞いた上で対応を決めていく」

「15日の採決提案は到底『論外』」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「「抵抗して『反対反対』と国会の外でわめいていれば与党は採決しないのか?」維新・柿沢幹事長が審議出席、修正協議の意義を強調」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    抵抗して『反対反対』と国会の外でわめいていれば与党は採決しないのか?」維新・柿沢幹事長が審議出席、修正協議の意義を強調 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/252798 … @iwakamiyasumi
    維新が対案を出したことによって、「違憲」という意見が曖昧にされたことは無視か?
    https://twitter.com/55kurosuke/status/620907303768698880

@55kurosukeさん(ツイッターのご意見) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です