講演会 いのちを考える―戦後を生きて― 講師 最首悟氏(環境哲学者)、白井聡氏(社会思想史家・政治学者) 2015.6.13

記事公開日:2015.6.13取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年6月13日(土) 14時より、東京・千代田区の学士会館にて、10・8山崎博昭プロジェクト主催による講演会「いのちを考える―戦後を生きて―」が行なわれ、環境哲学者の最首悟氏、社会思想史家・政治学者の白井聡氏が講演した。

■ハイライト

  • あいさつ 山崎建夫氏(山崎博昭氏兄)
  • 講師紹介 山本義隆氏(科学史家、元東大全共闘議長)
  • 講演 最首悟(さいしゅ・さとる)氏(環境哲学者、和光大学名誉教授、元東大助手共闘)「焦点なき『場』について―『いのち』は『いのち』」
  • 講師紹介 辻恵氏(前衆議院議員、弁護士)
  • 講演 白井聡氏(社会思想史家・政治学者、京都精華大学専任講師)「3・11以降の『いのち』の問題」
  • 発起人紹介

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です