「私みたいに夢や希望を捨てる人を出さないで」 〜子宮頸がんワクチン被害者連絡会 埼玉支部設立総会 2014.6.1

記事公開日:2014.6.8取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(記事:IWJテキストスタッフ・関根かんじ、記事構成:IWJ・安斎さや香)

 「子宮頸がんの死亡者が増えているというが、昭和25年に10万人あたり19.7人、平成21年では8.6人で、逆に減っている。また、若い世代に死亡者が多いというが、ワクチンが効く世代では死亡者はゼロだ。では、何のために、誰のために、このワクチン接種をするのだろうか」──。

 「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会 埼玉県支部設立総会」が6月1日、さいたま市浦和区の埼玉会館にて開催された。埼玉県支部代表は、娘2人が子宮頸がんワクチンの被害を受けた平原明美氏が務める。この日は、まず、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長の池田利恵氏による被害の状況報告とワクチンの勉強会があり、子宮頸がんワクチンによる副反応や、導入に至る経緯、厚労省の動きなどをレクチャーした。続いて、被害者の母親8名が切実な思いと怒りを伝えた。平原代表の2人の娘も登壇して被害当事者としての苦しみを語り、被害者支援と接種の中止を訴えた。

■ハイライト ※プライバシー保護のため、一部動画を編集させていただいております

  • あいさつ 平原明美氏(全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会埼玉県支部長)
  • 勉強会 池田利恵氏(全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長)
  • 被害者の声/埼玉県支部から/質疑応答/規約の承認
  • 日時 2014年6月1日(日)13:00~16:30
  • 場所 埼玉会館(さいたま市浦和区)
  • 主催 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会

相談件数855件、241名が詳細データを報告

 冒頭、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会の埼玉県支部代表、平原明美氏が、「医師、親、関係者、議員など、皆にこの被害に気づいてもらうために立ち上がった」とスピーチした。

 続いて、日野市議会議員で、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会の事務局長を務める池田利恵氏が登壇。激しい副反応に苦しむ少女たちの姿をスクリーンに映し出し、「連絡会が2013年3月25日に設立されて以来、現在までの相談件数は855件。うち241名が詳細なデータを報告してきている」と語った。

 生活の党の小宮山泰子衆議院議員も飛び入りで登壇し、「このワクチン接種は3案件(あと2件は、小児の肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチン)の抱き合わせで国会に上程されたので、反対できなかった。また、医薬品メーカーが国会議員への激しいロビー活動を行い、巻き返しを図ったことも目撃した」などと話した。

とても低い子宮頸がんの死亡率

 池田氏は、まず、子宮頸がんワクチンが登場する前の2009年、新型インフルエンザ・パンデミックにおける、厚労省の対応への疑問から話し始めた。

 「インフルエンザワクチンの製造元は、ノバルティス社とグラクソ・スミスクライン社。しかし、カナダなどで重篤な副反応が発見され、接種を中止した。厚労省は、その余ってしまったワクチンを購入し、結局、無駄にしている。その2社は、今回の子宮頸がんワクチン『サーバリックス』のメーカーだ」。

 「この子宮頸がんワクチンは不活化ワクチンで、副反応の多い免疫増強剤のアジュバンドが使われているが、効果はとても低く、3回接種する必要がある。それでも予防期間は最長6.4年という。だが、誰もその実態はわかっていない」。

 また、「子宮頸がんの死亡率は、とても低い。マスコミは年間2700人が亡くなるというが、平成21(2009)年度で19歳以下の死亡者は0人だ。70歳以上が、死亡者の約半数の1043人を占めているのが実態。これを10代の少女に、税金で接種させる必要があるのか」と実データを示した上で、疑問を投げかけた。

ワクチン効果があるのは前がん状態だけ

 続いて池田氏は、子宮頸がんワクチン導入に至るグレーな部分を解き明かしていった。

 サーバリックスの使用説明書には、「子宮頸がんの予防効果は確認されていない」「ヒトパピローマウイルス(HPV)由来の病変進行への予防効果も期待できない」「予防効果の持続期間は確立していない。効果があるのは、HPV16と18型のみ」との注意書きがあるという。

 「このHPVウイルス発見者のハロルド・ツア・ハウゼン博士は、『今のところ、ワクチン効果のあるのは前がん状態だけ』と発言している。また、慶應大学医学部婦人科腫瘍研究室は、HPV感染だけでは発がんしないと発表。平成22(2010)年、厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会の審議過程でも、ワクチンへの信頼性が疑問視され、費用対効果は薄いとの評価だった」。

 「ところが、厚労省指導のもと、国内臨床試験の終了を待たずに、平成19(2007)年9月26日、製造販売許可承認申請がなされている。そして、20~25歳の519人、10~15歳の100人だけに試験接種を実施。副反応が多く報告されているにもかかわらず、試験結果が出る前に承認された」と、不透明な経緯を語った。  さらに、「子宮頸がん予防対策事業は、接種、啓発、健康被害対策のすべてを国が負担した異例な対応だ」と指摘した、医療ガバナンス学会誌の掲載論文を紹介した。

戦後最大の薬害になる

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

“「私みたいに夢や希望を捨てる人を出さないで」 〜子宮頸がんワクチン被害者連絡会 埼玉支部設立総会” への 2 件のフィードバック

  1. @stakenoさん(ツイッターのご意見より) より:

    シェアさせていただきます。
    女子大生は特に読んでください。
    製薬会社の利益を尊重し、人間の命は二の次。
    人間としてよくそんなことができる。 http://fb.me/16YXHjye1

  2. @yasuko_igarashiさん(ツイッターのご意見より) より:

    日本各地で被害者連絡会が立ち上がっています。それだけ多くの被害!
    2014/06/01 【埼玉】「私みたいに夢や希望を捨てる人を出さないで」 〜子宮頸がんワクチン被害者連絡会 埼玉支部設立総会 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/144260

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です