PC遠隔操作事件 元同僚が証言台に立つも「調書と話が違う」 ~第6回公判後記者会見 2014.4.15

記事公開日:2014.4.15取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・須原拓磨)

 PC遠隔操作事件の第6回公判が4月15日に開かれ、右陪席裁判官の交代に際し、弁論の更新手続きが行われた。片山祐輔被告のプログラム開発能力に関する尋問は、この日で終了。本公判では、片山氏の元同僚が証人尋問され、弁護団らが公判後、司法記者クラブで記者会見を行った。

記事目次

■ハイライト

  • 日時 2014年4月15日(火)
  • 場所 司法記者クラブ(東京都千代田区)

「ネット上のサンプルを加工し、C#のプログラムを作成したと思う」

 元同僚は、業務効率化のためのツールを作成するよう片山氏に指示しており、それを受け、片山氏が「SQLreplace.zip」というC#で作成されたファイルを元同僚へ渡していた。元同僚は証言台で、このファイルについて、「画面機能を一覧化するツール」のように説明したが、片山氏は、そのような「ツール」を作った覚えがないという。

 この「SQLreplace.zip」というC#のプログラム作成について、片山氏は「データベースの特定の文字列パターンをみつけて、ある文字列に置き換えるというツールを作った覚えはある。しかし、そんなものを作成した覚えはない。ポカーンと言う感じ」と語り、元同僚の証言と事実が異なることを主張した。

 また、片山氏は「自社の先輩から教えてもらった、ちょうどその時やろうとしていたことにぴったり合致するようなサンプルが、ネット上にあることを思い出したので、それを加工したのでは、と思います」と述べている。つまり、片山氏の主張によれば、元同僚が2つの異なる業務を混同して、事実とは異なる証言をした可能性があるということだ。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です