「永世中立都市構想」と「大阪スマイル構想」で戦争をストップ!~岩上安身によるインタビュー 第396回 ゲスト 大阪市長選への立候補を表明したマック赤坂氏 2014.3.1

記事公開日:2014.3.1取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・平山茂樹)

 橋下徹大阪市長の辞職に伴う出直し市長選(3月9日告示、23日投開票)への立候補を表明しているマック赤坂氏が、3月1日、岩上安身のインタビューに応じ、立候補を決意した理由や主要な公約について語った。

 マック氏は安倍政権の外交・安全保障政策について、「キナ臭いものを感じる」と批判。「””Road To The War””(戦争への道)を防ぐため、大阪を永世中立都市にする」と語った。

■イントロ

  • 日時 2014年3月1日(土)15:30~
  • 場所 マック赤坂事務所(東京都港区)

世界に先駆け大阪を「永世中立都市」に

 マック氏も立候補した先の東京都知事選では、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が61万票を獲得し、20代、30代の若者から大きな支持を集めた。これについてマック氏は、「若者の右傾化を感じる」と指摘。「『ネトウヨ』と呼ばれる若者は、現在の自公政権、特に石破茂さんに操られているのでは」と語った。

 昨年7月の参議院選挙では、ガンジーの衣装で選挙活動を行ったマック氏。集団的自衛権の行使容認をはじめとする安倍政権の安全保障政策が戦争につながると考え、非暴力と不服従を唱えたガンジーの格好で平和を訴えることにしたのだという。

 今回の大阪市長選での立ち位置についてマック氏は、「対・橋下徹というよりも、対・維新であり、対・石原慎太郎」と説明。自身が市長に当選したら、大阪を「永世中立都市」にするとし、「日本で徴兵制度ができても、大阪市民は兵役免除にする。世界に先駆けてそういう法律を作る」と、平和に向けた思いを語った。

「スマイルセラピー」でうつ病対策

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事


■実況ツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です