【東京都知事選】舛添候補の先取り街宣車を堂々一掃――銀座三越前で田母神俊雄候補が街頭演説 2014.2.2

記事公開日:2014.2.2取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・鈴木美優)

 昨夜から場所取りをしていた舛添要一候補と交渉し、1時間の街頭演説を銀座四丁目交差点で実現させた、東京都知事選・田母神俊雄候補。この両候補に加え、2日は細川護熙候補も同場所で街頭演説、宇都宮健児候補もベビーカー大行進を行うなど、主要4候補全員が銀座に集い、銀座歩行者天国から四丁目交差点までの道は多くの人で賑わった。

■全編動画

  • 日時 2014年2月2日(日)11:30~
  • 場所 銀座四丁目交差点 三越前(東京都中央区)

「軍事力は戦争をしないためにある」

 田母神候補は、自らを犠牲にして自殺者を守った警察官や、福島原発事故後に救護に向かった消防レスキュー隊員などの功績を挙げ、「自己犠牲の精神を発揮して、消防隊や自衛隊、警察が頑張ってくれている。我々はこういった人に感謝の意を示さねばならない」と訴えた。また、自らが自衛隊員だった頃も振り返り、「他の隊員たちは私を尊敬して愛してくれた」と語った。

 さらに、「戦争したい人なんかいるわけないじゃないか」と訴え、「軍事力は戦争をしないためにある」と主張。田母神候補は、「軍事力が強ければ、戦争に巻き込まれることはない。プロレスラーに飛びかかる人はいない。それと同じことだ」と語り、議論ではなく軍事力を見せることが必要だと強調した。

三宅博・衆院議員も応援に

 応援弁士で経済評論家の三橋貴明氏は、「正しい震災対策をする必要があります。田母神俊雄の東京強靭化しかありません」と声をあげた。さらに三橋氏は、「タモガミクスで東京都の経済力はアップします」と述べ、聴衆からは声援と拍手が沸き起こった。

 さらに、日本維新の会の三宅博衆院議員も応援に駆けつけ、「本当に『真実』を勇気を持って語る方、そして日本を救えるような政治家は、田母神俊雄しかいない」と明言し、田母神候補を都知事にして日本を救ってもらいたいと訴えた。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録

関連記事

「【東京都知事選】舛添候補の先取り街宣車を堂々一掃――銀座三越前で田母神俊雄候補が街頭演説」への1件のフィードバック

  1. 埼玉県民 より:

    昨日から場所取りしてるのも、当日きちんと申請をしている候補に場所を空けないのも、
    立派な選挙妨害です、公職選挙法違反じゃないの?それを、

    (記事引用)舛添候補の先取り街宣車を堂々一掃
    (記事引用)昨夜から場所取りをしていた舛添要一候補と交渉し

    って書くのは誤解を与えませんか?
    実現させたんじゃなくて、そもそもする予定だったのに・・・。
    道路を封鎖していた桝添陣営はこの件についてどういう認識なのか?
    その辺りを取り上げて頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です