2013/07/20 安倍総理への質問ボード没収事件の被害当事者・佐々木るりさんご本人への、岩上安身による直撃インタビュー

記事公開日:2013.7.20
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年7月20日(土)、福島県二本松市の真行寺で、岩上安身による、佐々木るりさんへのインタビューが行われた。

■ イントロ動画

■ ボードを没収されたときに佐々木さんが撮影していた動画
http://youtu.be/nRpZiNR48Ds

このアーカイブの完全版(全文書き起こしを含む)は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


3件のコメント “2013/07/20 安倍総理への質問ボード没収事件の被害当事者・佐々木るりさんご本人への、岩上安身による直撃インタビュー

  1. 安部は右翼も驚く極右翼である。祖父である岸を尊敬しているそうだから、うなずける。本当に佐々木さんの勇気と行動力に敬服する。TBSの報道番組もしかり、テレビを見た安部が激怒したそうだが、自分に異を唱える者にはどのような手段を講じても潰す。これは明らかにヒットラーそのものと言える。その萌芽は憲法改正や戦争に行くことを忌避する者は死刑にする。言動からも察せられる。新聞などの報道は自民党の優勢を広報するのも、裏で自民党の意思が働いているのではと疑う。猜疑は猜疑を生み、とどまることがなくなる。親子、兄弟、友人が猜疑で争い、暗い世になるのではないかと恐れている。そのような日本社会にならないことを願う。警察の職務質問も明らかに違法行為であることは、明らかだ。38年間警察官をやった者がそう思うのだから。

  2.  第一報を聞いた時には、昔の院外団を思い出した。具体的に言うことをきかないと何々すると告げるのが脅迫だが、そこまでゆかないが相手が恐がるような威迫行為は、ゆすりたかり行為をする時にもよく使われる。犯罪常習者は慣れており、逮捕されないノウハウが有るからである。常習者による性犯罪も通常威迫行為を伴うが、これも慣れているから逮捕をされないように威迫行為だけをするのである。
     動画を見て思い出したのが麻生邸見学ツアーでの逮捕で、四角いカードのサイズといい非常に良く似ている。勝手に調べた情報を故意に文書化するさりげない脅迫はヤクザそのもので、警察国家化するという当局の意思を感じざるを得ない。
     宅建業者又はその代理人、使用人その他の従業者の威迫行為に関して禁止する法律が平成7年の改正で追加された(宅建業法47条の2)で、これは刑法事犯に当たらないような巧妙かつ悪質な地上げ行為などを想定したものである。今回の事件も悪質さでは、バブルの頃の地上げ屋と同じだということだ。

  3. 公安もしくはSPでしょうね。
    無茶苦茶ですね。
    警察もグルだとは。
    日本がおかしくなっています。
    ヤクザよりもタチが悪いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です