岩上安身によるジェーン・ケルシー オークランド大学教授インタビュー「TPPは経済協定ではなくアメリカ企業の為の投資協定だ」 2011.7.14

記事公開日:2011.7.14取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年7月14日、ニュージーランドのオークランド大学教授ジェーン・ケルシー氏に岩上安身がインタビューを行った。日本国民の生活に大きな影響を与えるであろうTPP問題。

 インタビューの中でケルシー氏は、TPP参加は本当に日本に国益をもたらすのか、強い軍事力を持つアメリカに対して、日本はどのような姿勢をとれば良いのか、また、国家が資本に飲み込まれつつある現状についても言及している。

 インタビューの最後に同氏は「日本にとって何が重要なのかを、日本政府に伝えてほしい」と力強く訴えた。

■ハイライト

(以下、インタビュー文字起こし)

岩上「皆様こんにちは。ジャーナリストの岩上安身です。先程、ジェーン・ケルシーさんの日本における講演が終了して、記者会見も終わったところです。大変お忙しいんですけれども、ケルシーさんに単独インタビューを行いたいと思います。

 ケルシーさん、どうもお時間ありがとうございました。では早速、お話を伺いたいと思うんですが、TPPとは何か、まだ解らない人がたくさんいます。TPPの本質とは何か、そして特異なおかしな問題点は何か、そういう点について少しコンパクトに教えて頂きたい。何故、秘密交渉なのか。入ったら抜けられないというのはどういう事なのか、まるでアリ地獄みたいですけど。そして、そこに加盟国が皆平等な権利と義務を持っているのではなく、アメリカだけが特権的な地位にいる、これはどういう事なのか。端的に言ってこれはアメリカという帝国による、我々日本を含めたニュージーランドや他の国々を植民地として囲い込むという事なのではないのか。…お願いします」

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です