岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー 2011.10.6

記事公開日:2011.10.6取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年10月6日、岩上安身が、郷原信郎弁護士へのインタビュー取材を行い、主に、やらせメール事件に端を発した九州電力問題、小沢一郎代議士の元秘書の3人に対して下された有罪判決、水谷建設からのヤミ献金を事実認定したその判決の内容などについて伺った。

■ハイライト

サポート会員の方には、ボランティア有志による文字起しとリサーチを掲載しています。

■郷原 信郎(ごうはら のぶお) 弁護士

略歴:1955年生まれ、広島県出身、東京大学理学部(地質学)卒業。1983年検事に任官。東京地方検察庁八王子支部の副部長を歴任。2005年から東京高等検察庁検事として桐蔭横浜大学大学院法務研究科教授とコンプライアンス研究センターのセンター長に就任。2006年検事退官後、2008年に郷原総合法律事務所を設立。2011年九州電力やらせメール事件を受けて、再発防止のために設けられた第三者委員会委員長に就任。

■参考資料1
九州電力・第三者委員会
最終報告書
(県民説明番組他)
(プルサーマル計画、川内3号増設)

■参考資料2
「激変する環境、思考停止する組織~郷原信郎が斬る」<Vol.10>(2011.10.3)
九州電力第三者委員会を終えて

■参考資料3
「激変する環境、思考停止する組織~郷原信郎が斬る」<Vol.11>(2011.10.5)
東電OL殺人事件と陸山会政治資金規正法事件に共通する構図

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です