憲法の危機「事実と理論で説明せず、都合のよい状況だけを並べ、耳触りのよいスローガンでアピールする自民党の『言いくるめ』を国民は見抜くべき!」―東京大学名誉教授・廣渡清吾氏がシンポジウムで訴え 2017.4.22

記事公開日:2017.4.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月22日(土)、東京都千代田区の弁護士会館クレオにて、シンポジウム「施行70年 問われる憲法の危機〜私たちの平和と自由の今を考える〜」が開催され、第1部の基調講演では、東京大学名誉教授の廣渡清吾氏が登壇した。また、第2部のパネルディスカッションには、廣渡氏他、元内閣官房副長官補の柳澤協二氏、名古屋大学名誉教授の池内了氏、京都大学大学院教授の高山佳奈子氏らがパネリストとして参加した。

■ハイライト

  • 第1部 基調講演 廣渡清吾氏(東京大学名誉教授)
  • 第2部 パネルディスカッション
    パネリスト 廣渡清吾氏/柳澤協二氏(元内閣官房副長官補)/池内了氏(名古屋大学名誉教授)/高山佳奈子氏(京都大学大学院教授)/コーディネーター 川上詩朗氏(日弁連憲法問題対策本部事務局長)
  • タイトル シンポジウム「施行70年 問われる憲法の危機〜私たちの平和と自由の今を考える〜」
  • 収録日時 2017年4月22日(土)13:00〜16:30
  • 配信日時 2017年4月24日(月)15:00~
  • 場所 弁護士会館クレオ(東京都千代田区
  • 主催 日本弁護士連合会詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です