「今回のヘイトスピーチは凄まじかった」〜「ニュース女子」が辛淑玉氏に与えた深い傷!ボギーてどこん氏はIWJの取材に「茶封筒が反対派のものとは言ってない」と呆れた「言い訳」!(第2弾) 2017.1.13

記事公開日:2017.1.13 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・原佑介 文責・岩上安身)

特集 ニュース女子
無料公開期間終了★!
ぜひ会員登録してご覧ください⇒https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
※2017年1月16日加筆しました。

井上和彦氏は防衛産業「双日エアロスペース」の社員だった!防衛利権に関わる会社の社員がヘイトデマを拡散の“なぜ”!? 社会の公器としての企業の責任は? IWJが直撃!

 

 「週刊金曜日」が、ジャーナリストの井上和彦氏は双日エアロスペース(株)の正社員であると報じ、話題を呼んだ。双日エアロスペースのホームページによると、同社は「日本の安全保障環境の変化を捉え、防衛省各自衛隊の各種任務を支えるため、防衛装備品を欧米各国より輸入・販売」する会社だという。

 自衛隊の任務を支えると自負する防衛産業の社員が、「ジャーナリスト」を名乗って沖縄や隣国へのヘイトやデマを展開する――これが事実であり、かつ同社が井上氏の言論活動に関知していたとしたら大きな問題である。

 社員であるとの報道は事実かどうか、また、武器を輸入する商社が防衛予算の拡大を狙って、社員を使って基地建設反対派の市民に対するネガティブキャンペーンに加担したのではないかとの疑いすら、もたれうる。

 井上氏も井上氏で、会社員が言論活動をするなというつもりは毛頭ないが、武器輸入商社の社員ならば、そうした立場にあることを正々堂々と明らかにした上で、発言すべきであろう。

 また、井上和彦氏の公式ホームページ(http://www.kazuhiko-inoue.com/profile/profile.html)によれば、防衛省講師、航空自衛隊幹部学校講師も務めているという。放送に際して、井上氏が防衛利権に直接関わる会社の社員であることを明らかにしなかった製作会社、オンエアしたTOKYO MXの責任ももちろん問われる。

 双日エアロスペースは井上氏の言動とその反響をどう受けとめているのか、IWJも独自取材を行った。

 双日エアロスペースは最初、井上和彦という社員がいるかどうかについて、当初「個人情報だから回答できない」と取材に対して回答を拒んだが、テレビでも発言する井上氏は大きな影響力を持つ準公人であり、井上氏が所属する会社にも一定の社会的責任が問われてしかるべきであると伝えると、いったん電話を切り、別の担当者が約2時間後にIWJに折り返してきて、在籍していることを認めた。

 同社の担当者は、「井上和彦という名前の人間は当社に在籍しています」と、一応は認めながらも、「井上の社外活動については、会社は一切関知していない。社外でどういう言動を行ったかについてはコメントできない」と回答した。

 しかし、社外活動だからといって何をしていいわけでもないだろう。担当者は、「例えば犯罪を犯したり、会社の就業規則に違反して何か刑法で罰せられたりすれば懲戒の対象となるでしょう」と認めながらも、「ニュース女子」での発言については問題視しない姿勢で、「内容も詳しく把握していないし、把握する必要もないと考えている」と回答した。

 防衛利権とは無関係な「ジャーナリスト」という肩書を名乗って公共の電波を通じ、ヘイトやデマを拡散する。井上氏の言動の悪質性は犯罪的だと言っても過言ではないのだが、双日エアロスペースは「不問」という結論ありきで、その内容も把握しようとしない。企業は社会の公器である。これで企業としての社会的責任がまっとうできるのか、はなはだ疑問である。

 「李下に冠を正さず」との格言もある。いらぬ誤解・疑惑を招かないためにも、双日エアロスペース社は、今からでも社としての姿勢を改めるべきではないだろうか。

(以上、2017年1月16日加筆)


TOKYO MX「ニュース女子」が垂れ流した沖縄ヘイトデマ!「基地反対派」は日当をもらって救急車も停めるテロリスト!?デマで市民らをテロリスト扱いする悪質な番組内容を検証(第1弾)! 2017.1.8」の続き


 2017年1月2日放送のTOKYO MX報道バラエティ番組「ニュース女子」が、高江のヘリパッド建設問題を取り上げた。その番組内容は悪意に満ちたデマをあたかも真実であるかのように取り上げ、平和運動に参加する沖縄の市民らを誹謗中傷するものだった。

 その悪質な放送内容に対し、ネットでは非難の声が相次いだ。翌週(1月9日)放送された「ニュース女子」では、冒頭、司会(MC)を務める長谷川幸洋氏(東京・中日新聞論説副主幹)が、「ニュース女子がツイッターで大炎上しているんです!」と喜々として報告した。

 大新聞の論説副主幹が、地上波の生放送で、自らの言葉でこのように言い放った責任は極めて重い。

 10分弱にわたってトークが展開されたが、謝罪や訂正はなく、むしろ誹謗中傷にさらに輪をかけるような内容となっており、長谷川幸洋氏は最後に、「いずれにせよ、こういうふうに報道すると、こういうふうに波風(立てて)騒いで恫喝もされるんだということがよくわかった」と締めくくるなど、まるで自分たちが被害者だと言わんばかりの態度を示した。

 この稿は「ニュース女子」が垂れ流した沖縄ヘイトデマを検証する第二弾としてお送りしたい。

記事目次

デモに日当!? なぞの「証拠」にリテラシーなきネット民「左翼の不都合な真実が報道された!」と大はしゃぎ!

 9日放送の「ニュース女子」で、長谷川幸洋氏(繰り返すが、この人は大手紙の中では最後のリベラルの砦として知られる、東京新聞の論説副主幹である)は、「ようするに『5万円でデモ隊を動員したんじゃないか、みたいに伝えたこの番組はけしからん』と。それでわーっと(批判が)きたんです」と紹介した。「5万円でデモ隊を動員」とは何か、1月2日放送の「ニュース女子」を改めて振り返りたい。

 2日の「ニュース女子」では、「自称」ジャーナリスト・井上和彦氏が行った現地取材をまとめたVTRが流された。井上氏のVTRは、一般市民の「デマ証言」などを検証もなく垂れ流す、極めて低レベルで悪質なものだった。

 VTRには、「チャンネル桜」の沖縄支局キャスターであるボギーてどこん氏(本名・手登根安則)も登場する。ボギーてどこん氏は、国政政党「日本のこころを大切にする党」の参議院比例第四支部長として2016年の参議院選挙に比例区から出馬するも、落選。オスプレイ推進派が集う「オスプレイファンクラブ」の会員として活動していたことでも知られる。

 井上氏のVTRでは、高江ヘリパッド建設に反対する市民らについて、「なぜ後先考えず、犯罪行為を繰り返すのか?」「そこには報道されない真実が!!」とテロップを打ち出した直後、ボギーてどこん氏が登場。そこでボギーてどこん氏が示したのは、差別解消に取り組む市民団体「のりこえねっと」のチラシだった。

 この「ないちゃ〜大作戦会議」と題した集会の告知チラシには、「市民特派員を沖縄・高江に送ろう」という欄があり、そこには「飛行機代相当、5万円を支援します」と記されている。

▲ボギーてどこん氏が示した「のりこえねっと」のチラシ

▲ボギーてどこん氏が示した「のりこえねっと」のチラシ

 さらにボギーてどこん氏は、普天間飛行場周辺で発見したという2つの「茶封筒」を提示。片方の茶封筒には、「光広」「2万」と書かれており、もう片方には「大城様」と書かれている。そしてVTRは、「反対派は日当をもらってる!?」というテロップを出し、ナレーションで「これが事実なら反対派の人たちは何らかの組織に雇われているのか!?」と疑問視した。

 くしゃくしゃの茶封筒は、誰が誰に対して、何の目的で使われたのかもわからないゴミクズに過ぎない。にもかかわらず、天下の東京・中日新聞論説副主幹の長谷川幸洋氏がMCをつとめるこの番組では、この茶封筒とチラシこそが、あたかも「基地反対派」の人々がお金で雇われている証拠であるかのように扱われ、リテラシーなき人々は「左翼の不都合な真実がついに報道された!」とネットで大喜びしている。

「私は、あの茶封筒が基地反対派のものだとは言っていません」IWJの直撃取材に、ボギーてどこん氏が姑息な「言い訳」!

 「のりこえねっと」は確かに市民特派員を募り、現地から情報発信を続けていた。これについての詳細は後述するが、のりこえねっとは市民特派員に対し、飛行機代相当の5万円をカンパで負担するとしているだけで、日当を支払っているわけでもなければ、運動家を送り込んでいるわけでもない。

 また、落ちていた「茶封筒」など、誰かの「落とし物」か、もしくは心ない人がポイ捨てした「ゴミ」だと考えるのが自然である。そんな、誰のゴミともわからない茶封筒を、なぜ「基地反対派」の日当の証拠であるかのように紹介したのか、ボギーてどこん氏本人にその意図を聞いた。

 「私は、あの茶封筒が基地反対派のものだとは言っていませんよ。基地反対派の人たちが反対活動している現場周辺で見つけたというだけで、それを日当だと決めつけていません。茶封筒は一次的な資料として提起して、それを見た方々が推測したり検証したりすればいいんだと思っています」

 しかし番組のVTRでは、茶封筒の存在を紹介しつつ、「反対派は日当をもらってる!?」というテロップが出ているが、ボギーてどこん氏は、「私はテロップには関与していません」と自身の責任を回避する弁明を主張。テロップの作成については、番組側に責任があることを明らかにした上で、ボギーてどこん氏は「番組では『日当をもらってる!?』と、クエスチョンがついていて、断定はしていません。なのに、断定したと拡散されているのは心外です」と開き直った。

 誤解が拡散されているというならば、なぜ、その誤解を積極的に打ち消さないのか、またそもそも、多くの人々の誤解を誘うネタの提供を行い、大袈裟に番組で取り上げたのは誰なのか。呆れる無責任ぶりである。

 ボギーてどこん氏はIWJの取材の中で、「普天間飛行場周辺に落ちているゴミがすべて反対派のものとは限らない」とも認めている。数あるゴミの中から誰のものかも、用途もはっきりわからない封筒だけをピックアップして「基地反対派」のものであろうと、根拠もないままに濃厚な意味付けをして、視聴者に対して情報操作(マニピュレーション)を行ったことは否定できないだろう。

 その責任はてどこん氏にも、制作会社にも、オンエアしたTOKYO MXにも、スポンサーのDHCにも、そして東京・中日新聞論説副主幹という立派な肩書を持つ司会の「大ジャーナリスト」長谷川幸洋氏にも、当然ある。

 昨年6月11日に東京・豊島区民センターで講演したボギーてどこん氏は、辺野古で基地建設に反対する市民を「海賊のような連中」と呼び、「この方々の給料体系はすごい。基本給で1日5000円。少ないと思うかもしれませんが、基地境界のフロートを超えたら5000円追加だそうです。フロートを越えて海保に身柄を拘束されたら5000円。計15000円ならいい感じですよね」などと、はっきりと口にしている。

 こうした「基地反対派」の人々への疑惑や中傷をふりまきながら、その証拠だ!とする封筒について、そう断定する根拠は?と尋ねると、「断定はしていない」と逃げ回るのである。彼は、こうした根拠なき中傷をバラまく講演でいくら得たのか、TOKYO MXの「ニュース女子」に出演していくら出演料をもらったのか、明らかにすべきだろう。金をもらってデマを拡散しているのはどちらなのか。

番組の「ヘイト」は在日外国人にも波及!「とにかく韓国人はいるわ、中国人はいるわ…」と言いたい放題!

 番組では、在日外国人に対する聞くに耐えないヘイト発言も飛び交った。

 上段で掲載した「のりこえねっと」の集会チラシには、報告者一覧に共同代表の辛淑玉氏の名前が連なっている。これを見た井上氏はVTRの中で、「びっくりしたのが、ここに韓国の方ですよね」と、わざとらしく驚いてみせた。

 その後のスタジオトークでは、スタジオでVTRを見ていたフリーアナウンサー・脊山麻理子氏は、すっかり高江の運動には外国が強く関わっていると考えているようだ。

 脊山氏が井上氏に対し、「(運動の)ボスは日本の方ではないということですか?」と質問すると、井上氏は、「もうわからないです。とにかく韓国人はいるわ、中国人はいるわという状況になっている」と回答。堰を切ったように出演者らが反応を示す。

 ジャーナリストの須田慎一郎氏は、「この方々は、もともとは反原発、それに続いて反ヘイトスピーチと『職業的』にやってきて、今、沖縄に行っている」と主張、辛氏らを「プロ活動家」であると断じた。経済評論家の上念司氏は、「(辛氏らがやっていることは)隙間産業ですね。なんでもいいんです、盛り上がれば」と吐き捨てる。

 さらに須田氏は「のりこえねっと」が5万円の飛行機代相当を捻出する財源について、「辛さんってのは在日韓国・朝鮮人の差別と闘ってきた中ではカリスマなんですよ。お金がガンガンガンガン集まってくるというのがある」とまで述べている。

 タレントの杉原杏璃氏が「韓国(の人)が沖縄(の運動)に加わるのはなんで?」と疑問を口にすると、上念氏が、「親北派ですから。韓国の中にも、北朝鮮が大好きな人がいる」と即答した。

 無責任に言いたい放題である。まるで下劣なネトウヨのネット上の掲示板がそのまま地上波で再現されているような内容だが、東京・中日新聞論説副主幹の肩書を持つ、司会の長谷川幸洋氏はじめ、誰もこうした「ヘイトスピーチ」を咎めることもないまま、ヘイト丸出しのスタジオトークが延々と展開された。

公共の電波で直接ヘイトスピーチを浴びた辛淑玉氏「今回のヘイトスピーチには凄まじいものがあった」

 「番組を観たときは、言葉が出ませんでした」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“「今回のヘイトスピーチは凄まじかった」〜「ニュース女子」が辛淑玉氏に与えた深い傷!ボギーてどこん氏はIWJの取材に「茶封筒が反対派のものとは言ってない」と呆れた「言い訳」!(第2弾)” への 2 件のフィードバック

  1. あのねあのね より:

    「自称」ジャーナリスト・井上和彦氏は名護署の前で「反対派がいて危ないからこれ以上近づけない」と語っているが、実はそこは名護署の前である。絵を撮ってナレーションを付け“そういう風な絵”にしただけである。ワザと名護署を映していない目的は何なのか。
     「自称」ジャーナリスト・井上和彦氏は、高江から何十キロか離れたトンネルの前で、危ないからこれ以上近づけないと語る絵を撮っているが、高江にはチャンネル桜は取材に行っている。トンネルの名前まで出して、インチキがバレるのにそんなことを言っている。本土の人には判らなくても沖縄の人には一発でデマだと判る創りにしてあるのである。ワザとデマだと判る創りにした目的は何なのか。
     本土の人と沖縄の人の“気持ち”を分断する目的が有るのではないのか。

  2. Sean Vandelay より:

    昔左翼で平和主義でした。国境なんてなくなればよいと思っていた。国連って素晴らしい所だと思っていた。日米でそれぞれ30年間暮らして意見が変わりました。結論は自分で調べる、という事。側面的な記事しか書かない一方通行のメディアは全く信用しない。いつも自分で現場の事や地域の事を知っている方々に聞いてしらべます。だからこの記事もそういった意見がある、という程度で見ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です