(再掲)「殺せ!」ブログの長谷川豊氏 次々テレビ降板後に「あまりにも遅すぎる」形式的謝罪!東京MXは「続投」決定!ところが番組中に長谷川氏が「殺せ!」発言していたことが発覚!MXの責任は!? 2016.10.5

記事公開日:2016.10.5 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材協力:佐々木隼也、文責:岩上安身)

※長谷川豊氏がTOKYO MX「バラいろダンディ」を10月4日の出演を最後に降板したことが、5日夜9時から放送された同番組で発表された。本記事は5日未明に公開した記事である。

 特定の病者に対して「殺せ!」と煽っておきながら、決して「謝らない」ことを貫いてきた元フジテレビアナウンサーで、現在フリーの長谷川豊氏だったが、ついに自身が出演するテレビ番組を降ろされることになった。

 病に苦しむ人々を「自業自得」と突き放し、さらには「殺せ!」とまで書いてきた長谷川豊氏が、自分の言葉(自業)の、招いた結果(自得)として、自分の足元に火がつき、自分の仕事を次々と失いつつある。

 長谷川氏は9月19日付の公式ブログで、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」と題する記事を投稿。BLOGOSが転載して拡散したことで、多くの人の目に止まり、良識を持つ多くの人からの抗議・批判の声が殺到し、「炎上」した。

 その後、ネットを中心に激しい非難を浴びるも、居直りの反論を繰り返して、余計に「炎上」を煽ってきたが、約1週間後の9月25日に長谷川氏は、問題となった記事タイトルから「殺せ!」という文言だけをようやく削除した。しかし、この件の本質である、病に苦しむ人々への悪意に満ちた差別と蔑みの視線については、謝罪や反省をするどころか、悪びれもせず、逆に「悪意を持って拡散させた」皆が悪い、という恨み節を、自身のブログやJ-CASTニュースの取材を受けて、全面的な反論と弁明を展開した。

 日本最大の腎臓病の患者会である、全国腎臓病協議会(全腎協)が、2016年9月23日(金)に送った抗議文に対しては、「『おマヌケ』にしか見えない」などと、高みから見下ろすように実に口汚く反論し、全腎協が求める謝罪については「断固拒否する」と突っぱねていた。

 長谷川氏のブログ記事の「殺せ」という言葉は、ヘイトスピーチを超えた「殺人教唆」である。その後の反論も含めて、いかに長谷川氏が不誠実で、かつ醜悪な優生思想のもとに言葉を連ねてきたかは、前回、前々回の記事で詳細にお伝えした。

 こうした事態を受けて、長谷川氏が出演するニュース番組を制作するテレビ大阪は、9月29日、長谷川氏の番組降板を発表。9月30日には、読売テレビも長谷川氏の降板決定を明らかにした。

 長谷川氏には、ブログを発表した19日から、テレビ大阪が番組を降板すると発表した29日まで10日間もの間、時間の猶予があり、自分の非に気づき、全面的な謝罪と過った持説を撤回する機会も度々あった。にもかかわらず、自らそのチャンスを傲慢な振る舞いによって、ことごとくふいにした。まさに「自業自得」である。

 その後、長谷川氏は一転して、唯一残った東京MXテレビのレギュラー番組で謝罪。公式ブログでも再度、謝罪文を掲載したが、時すでに遅し。長谷川氏の「続投」という形をとった東京MXテレビの起用責任も含めて、波紋は広がり続けている。

 彼の発言がモラル的に許されないのは当然だが、危機管理のあり方としても、絶対こうあってはいけないという、最低最悪の見本であろう。愚かさの極み、である。

記事目次

「なによりも言葉を大切にしなければならない報道番組のキャスターとしては、不適切な発信」テレビ大阪が長谷川氏を降板させる!

 最初に降板が決定したのは、長谷川氏が昨年3月27日からキャスターとして出演していた同局の報道番組『ニュースリアルFRIDAY』。降板の理由についてテレビ大阪は、「9月19日付の公式ブログ『本気論 本音論』で発信した内容に、行き過ぎた表現があり、多くの人に著しく不快感を与えたものと考えます。その後、タイトルなどを修正したとは言え、なによりも言葉を大切にしなければならない報道番組のキャスターとしては、不適切な発信と言わざるを得ません」との見解を発表した。

▲長谷川豊氏が降板となったテレビ大阪『ニュースリアルFRIDAY』のウェブサイト

▲長谷川豊氏が降板となったテレビ大阪『ニュースリアルFRIDAY』のウェブサイト

 さらに、長谷川氏が「世相を激しく斬る辛口ニュースキャスター」として、自身と同名のキャラクターの声優を務めることになっていた同局制作のショートアニメ『ぺペペペン議員』についても、「長谷川氏の出番はカットする」ことになったという。

▲「出番をカット」されるアニメ『ぺペペペン議員』のキャラクター「長谷川豊」と長谷川豊氏

▲「出番をカット」されるアニメ『ぺペペペン議員』のキャラクター「長谷川豊」と長谷川豊氏

 降板はこれだけではない。9月30日には、長谷川氏がゲストコメンテーターを務める『上沼・高田のクギズケ!』を制作する読売テレビが、10月2日の放送分から長谷川氏を降板させることを発表。読売テレビは、「ブログの内容、23日に全国腎臓病協議会が送付した抗議文、その後の長谷川氏の対応などに鑑み、総合的に判断した」との見解を示した。

 この、「その後の長谷川氏の対応」というくだりは見逃してはならないだろう。全腎協が求めた謝罪を「断固、拒否する」と言い張り、さらに居直りの悪罵を投げつけてきたのは長谷川氏である。

 この様子を見て、「この男、テレビで使える」と判断するテレビマンがいたら、どうかしているだろう。愚か者が起こす「自業自得」の「炎上」の「もらい火」によって、自ら火ダルマになってもかまわないと考えるような放送業界人は誰もいないはずだ。

▲読売テレビ『上沼・高田のクギズケ!』でも長谷川豊氏は降板となった

▲読売テレビ『上沼・高田のクギズケ!』でも長谷川豊氏は降板となった

 さらに、長谷川氏のブログによれば、9月30日をもって、BLOGOSのライターからも外されたという。

 長谷川氏は、19日のブログが問題となった後も、強気な発言を繰り返していた。9月27日には、「夕刊フジ」の公式サイト「ZAK女」にコラムを掲載。そのなかで、以下のように豪語していた。

「炎上で稼がなきゃいけないほどお金に困っていません(断言)。テレビレギュラー週8本をなめんなよ。面白いのでほっといていますけど」

 フジテレビでの年収が入社2年目で1千百万超。「世の中狂ってる」と思った、と書いている長谷川氏が、フリーになってから現在、局アナ時代の6倍になったと豪語。ざっと6千6百万~7千万程度の年収があるらしい(現在は削除されている、長谷川豊氏のブログより)。「なめんなよ」と鼻息が荒いのは、自分の腕ひとつで、こうした荒稼ぎができるのだ、すべては自分の力なのだ、という自負(あるいは思い上がり)があったからだろう。

 この鼻息の荒い、傲慢なコラムの掲載からわずか3日のうちに、自慢のテレビのレギュラーは次々と長谷川氏から離れていき、テレビレギュラーは東京MXが制作する『バラいろダンディ』のみとなった。前回記事(9月29日に掲載)で、東京MXは29日のIWJの取材に対し、「番組出演中での発言ではないため、当社としてのコメントは差し控えさせていただきます」と回答していた。このMXの発言は、虚偽が含まれていることが後々明らかになり、問題となるが、それは後ほど詳述する。

▲長谷川豊氏を続投させる東京MXテレビ制作の『バラいろダンディ』

▲長谷川豊氏を続投させる東京MXテレビ制作の『バラいろダンディ』

 それにしてもテレビ大阪、読売テレビが続々と長谷川氏の番組降板を決めるなかで、なぜ東京MXだけは、批判を「無視」「静観」と決め込み、長谷川氏を起用し続けるのだろうか。

 そんな疑問が浮かんだIWJの取材から4日後、東京MXは、「無視」「静観」ではなく、長谷川氏に「謝罪」させることによって、長谷川氏を起用し続けることを決めたようだ。

長谷川氏がようやくテレビで謝罪「全面的に私のミス」!さらにブログでも改めて謝罪!

 10月3日放送の東京MX『バラいろダンディ』の開始冒頭、神妙な面持ちでカメラの前に立った長谷川氏は、1分20秒にわたり、以下のように謝罪の言葉を述べた。

▲神妙な面持ちで謝罪する長谷川氏

▲神妙な面持ちで謝罪する長谷川氏

「まず始めに、この場をお借りしまして、私から皆さまにお伝えさせていただきたいことがございます。先日、私が自身の個人的なブログ内で書きました、人工透析患者の方に関する記事にまつわりまして、大変多くの方々に、多大なるご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした。

 特に今現在、人工透析の治療を受けていらっしゃる患者の方々、その方々を支えていらっしゃるご家族の皆さま方、関係者の方々を、深く傷つける表現をしてしまったことに関しては、全面的に私のミスです。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。心よりお詫び申し上げます。

 また、このたびの騒動を受けまして、ご迷惑をおかけしました関係各所の方々、皆さまにも大変なご迷惑をおかけしました。心よりお詫びを申し上げます。

 今後は慎重かつ責任ある言動を取ること、十分に心がけまして、日々邁進してゆく所存です。改めましてこのたびは、誠に申し訳ございませんでした」

 一応、最もらしい、神妙な謝罪の言葉ではある。しかし、この謝罪を素直に受け取れないのは、問題のブログが発表された9月19日から10月3日まで、約2週間もかかっており、長谷川氏はその間、沈黙を保っていたわけではなく、饒舌かつ雄弁に批判者に対して、「反論にならない詭弁」、「言い訳にならない言い訳」、「自己弁護にならない自己弁護」を繰り返してきたからだ。さらには批判者に対して、はるか高みから嘲笑したり、侮辱を加えたり、挑発を行ったりと、数々の悪あがきをして、余計に世間の人々の感情を不愉快にさせ、傷つけてきた。

 ところが、自分の仕事が失われ、懐に入る金に絡む事態となった時に、初めて慌てふためき出した。

「ネットと番組は使い分けているつもりだった」言い訳にならない言い訳を恥ずかしげもなく主張した長谷川氏

 9月29日にテレビ大阪の降板が決まったとき、長谷川氏は公式ブログで、「このような形になってしまって本当に申し訳ありませんでした」とようやく謝罪を口にした。

 しかしこの時の謝罪は、「殺せ!」という表現の非を認め、自分が傷つけてしまった多くの人工透析患者に向けたものではなかった。

161005_336133_05

 長谷川氏は、9月29日に「テレビ大阪『ニュースリアル』降板を受けて」と題する記事を投稿。そのなかで、以下のように「言い訳にならない言い訳」と「恨み節」を展開している。

「本心を言うと、さすがにテレビ上の発言ではなく『ネットのブログのタイトルの文言』が、テレビ大阪の仕事を『降板』というところまで発展するとは夢にも思ってはいませんでした。そこは私の甘いところでした。私はネットはネット、番組は番組で使い分けているつもりでしたが、そういう訳にも行かなかったのでしょう。スポンサーへの大量の攻撃の呼びかけもあったと聞いています。関係各所に大変なご迷惑をおかけしてしまいました」

 テレビ番組では品行方正でも、ネット上では「殺せ!」と罵っても問題はない。しかもネット上の発言が、テレビでの自分の仕事に影響するとは「夢にも思って」いなかったという。なんという見通しの甘さだろうか。他人に対しては激辛の批評を売り物にしてきたにも関わらず、自分の身の上に起こることについては、異常なほど、甘い見通ししかたてられていない。

 「なによりも言葉を大切にしなければならない報道番組のキャスターとしては、不適切な発信」というテレビ大阪の見解は、当然だろう。

 また、長谷川豊氏は「スポンサーへの大量の攻撃の呼びかけもあったと聞いています」と、自分は悪くないのに「悪意をもった第三者」が自分を組織的に攻撃している、という被害者ポジションにちゃっかりと移行。自分が加害者であるという事実は、すっかり失念している。

 この記事で、唯一出てくる謝罪の言葉は、「楽しみにしてくださっていた多くの方々に、もう一度改めて心よりお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」というものだけだった。

 つまり、自分のファンに対してのみ、謝罪をしているのであって、決して、「殺せ!」という表現を差し向けられた人々、それによって傷ついた多くの人間たちに対しては謝ろうとはしていなかったのだ。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

「(再掲)「殺せ!」ブログの長谷川豊氏 次々テレビ降板後に「あまりにも遅すぎる」形式的謝罪!東京MXは「続投」決定!ところが番組中に長谷川氏が「殺せ!」発言していたことが発覚!MXの責任は!?」への2件のフィードバック

  1. みなとかおる より:

    拝読しました。この間の流れがとてもよくわかります。
    一点、MXテレビの宇多丸さんとのやり取りは10/20ではなく9/20だと思います。確認をお願いします。

    1. junsantomato より:

      ご指摘ありがとうございます。こちら急ぎ訂正いたしました。(編集部)

コメントは受け付けていません。