「撤退」は「転進」に、「全滅」は「玉砕」に――嘘とデタラメと捏造の限りを尽くした「大本営発表」、その知られざる実態とは? 岩上安身が近現代史研究者の辻田真佐憲氏に訊く!後編 2016.11.25

記事公開日:2016.12.9取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:岩上安身、文:平山茂樹)

 アジア全域で2000万人という膨大な犠牲者を出した、日本の侵略戦争。このアジア・太平洋戦争は、「大東亜共栄圏建設のための聖戦」という嘘にまみれた「大義」を掲げつつ、それに反して、戦果を極端に水増し、悲惨な「全滅」の事実を隠蔽するという、嘘とデタラメにまみれた戦争だった。

 この嘘とデタラメの中心を担ったのが、戦時中に大日本帝国が行っていた大本営発表である。著述家で近現代史研究者の辻田真佐憲氏による最新刊『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』(幻冬舎新書)は、「プロパガンダの究極形態」とも言うべき、この大本営発表の知られざる実態に迫った一冊だ。

 2016年11月25日、岩上安身は「プロパガンダの研究シリーズ」の一環として、辻田氏に2回目となる単独インタビューを敢行。大本営発表の実態について詳しく話を聞いた。

■イントロ

  • タイトル 岩上安身による『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』著者・辻田真佐憲氏インタビュー
  • 日時 2016年11月25日(金)16:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

「皇軍の神髄を発揮せんと決意し、全力を挙げて壮烈なる攻撃を敢行せり」――悲惨極まりない全滅を「玉砕」という美談に捏造した大本営発表

 日米の戦局が完全に逆転した1942年6月のミッドウェー海戦を機に、大本営発表のデタラメさは加速度を増してゆく。そして最終的には、敵空母の撃沈数では73隻(約7.6倍)、敵戦艦の撃沈数では39隻(約10.75倍)もの水増し発表が行われた。

 1943年5月12日、アリューシャン列島にあるアッツ島の日本軍2,600人が、上陸してきたアメリカ軍に突撃を行い、全滅した。大本営発表は、この悲惨な全滅を「玉砕」と言い換え、まるで美談であるかのように喧伝したのである。アッツ島「玉砕」に関する大本営発表は、以下のようなものだった。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です