「ドラム缶に入って川に浮かぶ」という陰湿な恫喝が――。新潟県知事選への出馬を撤回した泉田裕彦知事に岩上安身が単独インタビュー! 地元紙「新潟日報」との確執や米山隆一・野党統一候補の応援の可能性にせまる! 2016.10.11

記事公開日:2016.10.13取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:岩上安身 文:城石エマ)

 柏崎刈羽原子力発電所を抱える新潟で、県知事選の投開票日が10月16日に迫っている。任期満了を迎え、一度は出馬を表明したものの撤回した泉田裕彦知事に、2016年10月11日、岩上安身が単独インタビューを行った。

 出馬撤回について泉田知事は、地元紙「新潟日報」による「憶測記事や事実に反する報道」を理由にあげてきた。県が出資する第3セクターの子会社の船購入トラブルや、泉田知事の出馬とりやめ会見の模様は、IWJで記事化しているので、そちらをご一読いただきたい。

 インタビューの中で泉田知事は、「新潟日報」が新たに泉田知事からの回答を半月以上も紙面に載せないでいることを明かし、「言論封殺に近い」と、穏やかながらも静かな怒りをたたえた声で述べた。

■ハイライト

  • 日時 2016年10月11日(火) 14:00~
  • 場所 新潟県庁(新潟県新潟市)

 東電の広告を今年だけで5回も載せてきた「新潟日報」について、岩上安身がカメラに向かって「原発プロバガンダ新聞だ!」と一喝すると、泉田知事は、「『新潟日報』が東電からいくらもらったのか、『新潟日報』のトップは、自民推薦の森民夫候補と何回会食したのか、知りたい」とコメントした。

 さらにインタビュー中、泉田知事は以下のように述べ、自らの身にも危険が及んでいることを示唆した。

 「東電を取材していた報道関係者が、『それ以上取材するな。それ以上取材するとドラム缶に入って川に浮かぶぞ』と言われたと。『知事も気をつけてくださいね』っていうふうにささやいてもらったと、こういうのがありますね」

 3.11の福島原発事故の経験から、原子力防災の重要性を繰り返し強調してきた泉田知事だが、自らの「後継指名はしない」と明言してきた。

 一方で、今回の新潟県知事選に野党統一候補として出馬した米山隆一氏は、原子力防災の政策を重要視する泉田知事の姿勢を引き継ごうという思いを見せている。「米山候補の応援演説に入ることはないのでしょうか?」気になるその点についても、岩上安身が聞いた。

 米山隆一候補への岩上安身のインタビューは、下記URLから全編ご視聴いただきたい。

 オール原子力ムラが支える原発推進派の森民夫氏か、県民の安全が第一であるとする泉田知事の慎重な姿勢を引き継いだ米山隆一氏か。日本の原子力防災は、大きな分かれ目に立たされている。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です