小林節氏×白井聡氏、大阪府市ダブル選幕開け集会で「橋下維新継続NO!」 ~「共産党の協力を歓迎せよ」優柔不断な自民府連への不満も 2015.11.9

記事公開日:2015.11.15取材地: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富田充、記事構成:佐々木隼也)

特集 大阪都構想
※11月15日テキストを追加しました!

 2015年11月5日公示の大阪府知事選と11月8日公示の大阪市長選、いずれも11月22日投開票の「大阪ダブル選」が幕を開けた。今回は橋下徹大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会(以下、大阪維新)」と、自民党を核にした「反維新勢」の対決である。反維新勢側には、「ここで橋下維新の党勢を削いでおかねば」との思いが強い。

 2015年11月9日、大阪市内で開かれた集会では、「今回のダブル選は来夏の参院選の前哨戦である」との認識で共通する、小林節氏(慶應義塾大学名誉教授)と白井聡氏(京都精華大学専任講師)が登壇。白井氏は「ダブル選で最悪なのは、大阪維新が2勝すること。そうなれば、橋下氏の中央政界入りが濃厚になる」とし、政治家として類稀な求心力を持つ橋下氏が、安倍総理と手を組むことを防ぐためにも、反維新勢は最低でも「1勝」はもぎ取らねばならないと強調した。

 ダブル選で公明党は自主投票を決めている。大阪維新と反維新勢が同党の票を奪い合うのは必至だ。大きく戦局を左右するのは、大阪維新の候補者と一騎打ちになる自民推薦の候補者を、民主と共産の両党がどこまで応援できるか、という点だ。白井氏は「(共闘に不快感を示しているとされる)安倍総理の機嫌をうかがいながら、選挙戦を闘いたいというのが(自民府連の)が本心だとしたら、大阪維新に入れてもらった方がいい」と断じた。

  • 弁士 小林節氏(慶應義塾大学名誉教授)、白井聡氏(京都精華大学専任講師)、辻恵氏(元衆議院議員)
  • 日時 2015年11月9日(月) 18:00~
  • 場所 御堂会館(大阪市中央区)
  • 主催 オール関西 平和と共生(代表 辻恵)

いまだに大阪で根強い「橋下人気」 〜元衆院議員・辻恵氏「大阪維新は油断が許される相手ではない」

 集会では、元衆院議員の辻恵氏(弁護士)が主催者側を代表して立ち、(大学生が中心の若者グループ)SEALDs KANSAI(シールズ関西)の動きを紹介した。

 「彼らは4日の夕方から、梅田のヨドバシカメラ前で街頭演説を行った。彼らは、橋下政治に終止符を打たねばならない理由に『基本的人権の侵害』『議会の存在を無視している』『生活サービスの削減』の3つを挙げたが、まったくその通りだ」。

 SEALDs KANSAIは、この3点についてそれぞれ、「公務員に対する思想チェックの実施」「大阪都構想を決めていく際の、法定協議会からの他党の排除」「特別養護老人ホームの建設補助を1床371万円から270万円へ削減」という、大阪維新が行った3つの施策を例にあげて指摘している。

 辻氏は、ダブル選の争点は「自由と民主主義を守る政治を大阪に取り戻すことにある」と訴え、「この思いは、SEALDs KANSAIの面々はもとより、この会場にいるみなさんとも共有できるに違いない」と述べた。

 市長選に関する世論調査では当初、(大阪維新公認の)吉村洋文候補(前衆院議員)がリードしていたが、今は(自民推薦の)柳本顕候補(前市議)とつばぜりあいを演じている。しかし辻氏は、一方で大阪の「橋下人気」は依然として根強いことに、危機感を示した。

 「5月の都構想をめぐる住民投票では、僅差で橋下改革が阻止されたことを忘れてはならない。(橋下氏が率いる大阪維新は)油断が許される相手ではない。最低でも、市長選で吉村候補を敗北に追い込まねば、大阪維新を潰すことは不可能だ。来年夏の参院選で、安倍・自民党に勝つための第一歩が、今回のダブル選である」。

「安倍・橋下」の関係を崩せるか

 続いて登壇した小林氏は、「主権者である国民は、言ってみれば日本という会社の株主だ」と強調し、立憲主義を蔑ろにしてきた安倍総理の国会運営を批判。そのうえで、「最近は『そういう安倍総理を退陣させるには、どうしたらいいか』ばかり考えている。その一環として、大阪維新のことが頭に浮かぶ」と語った。

 「東京の維新に比べると、大阪維新は主張に一貫性がない」と指摘した小林氏は、「強い求心力を持つ政治家」としての橋下氏を安倍総理が高く買っていることに触れ、「両者の切り離しを成功させるためにも、(国政で)政権交代を目指す野党の団結が不可欠だ」と力を込めた。

 小林氏は、「国民連合政府」のための野党結集を掲げた共産党が、他の野党と意見の食い違う「日米安保条約の廃棄」と「自衛隊の解消」などの(同党の)方針を凍結したことを讃え、さらにこんな裏話を披露した。

 「(安保法成立後に)自公以外の政党の党首らと懇談する機会があったが、『(共産党が提唱する)構想は正しいが、わが党に音頭をとらせてほしかった』といった発言があった。ようするに、党首としてプライドが傷ついたのだ。人間には感情で動く部分あるが、こうした発言があったことは、志位和夫委員長(共産)に伝えてある」。

民間人校長起用の失敗は「ファシズム」が原因

関連記事


小林節氏×白井聡氏、大阪府市ダブル選幕開け集会で「橋下維新継続NO!」 ~「共産党の協力を歓迎せよ」優柔不断な自民府連への不満も」への2件のフィードバック

  1. >わが党に音頭をとらせてほしかった
    岡田以外居ねえ(笑)
    ダメだぁこりゃあ、、、。
    ミンスは消えろ!

  2. 大阪市長選と府知事選で橋下維新を壊滅させて小沢一郎政権を目指しましょう。
    第95代首相は小沢一郎だそうです。
    なので、橋下維新を壊滅させて小沢一郎に力を入れさせなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です