元双葉町長・井戸川克隆氏「核の平和利用という言葉は一気に崩れた」 〜原告一人で東電と国を訴える裁判始まる 2015.8.21

記事公開日:2015.8.23取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(石川優)

※8月23日テキストを追加しました!

 福島県の元双葉町長・井戸川克隆氏が、東電と国(経産省や文科省ら)を訴えた裁判が2015年8月21日、始まった。裁判では、東電と国に対して1億4850万円の損害賠償を求めていく。この日は東京地裁での第一回口頭弁論終了後、弁護士会館で裁判の報告集会が開かれた。

■ハイライト

  • 日時 2015年8月21日(金)15:00〜
  • 場所 弁護士会館(東京・霞が関)
  • 主催 福島被ばく訴訟原告団

井戸川氏 「事故を起こさないっていくら約束したでしょうか。あの連中は」東電・国への憤りを涙を流しながら訴え

 井戸川氏は、報告集会の会場に集まった多くの人を前に、涙を流しながら東電と国の冷徹な対応を批判した。

 「何と言っても、許せないのは事故ですよ。(事故を)起こさないって、いくら約束したでしょうか。あの連中が。それを起こしといて、20ミリシーベルトで帰って住めとか、賠償の打ち切りとか、何だかんだ言ってますけれども、とんでもないことですよ。

 国民に対して大変な被害を与えていて、核の平和利用という言葉は一気に崩れたんですよ。それを絶対訴えていきたい。人の体を壊し、心を壊し、そして、地域を壊し、日本全体を壊して暗い気持ちにさせてるんです。区域内とか外とか関係ありません」

 「放射能にさらされたことをそもそも問題提起していく裁判だ」という井戸川氏は、これまでの政府とのやり取りの内容を明かし、批判した。

 「(政府に対し)区域の見直し、20キロとか30キロとか誰が決めたんだと言ったら、時の政府が『時間がないから俺が決める』と言って決めただけなんです。それで外れたとか関係ないと言われている人たちを見ると、私はその会議にいた関係上、情けないし早くこういうことを皆さんに知らせたかった。

 エリアというのは、勝手に加害者側が付けたもの。一番最高責任者の菅総理が決めたエリアだけなんです。何かを根拠としたわけではなくて、パニックとか混乱とか、何か今すぐやるというそういう言葉だけで決めた話です。ちゃんとそれは会議録で録ってあります。心配しないで下さい」

2002年のトラブル隠し、隠蔽・改ざん問題時に元東電会長勝俣氏 井戸川氏に「反省しています」

 東電の元会長の勝俣恒久氏は社長職の時代(※)、井戸川氏に「反省しています」などと謝罪していたという。

(※)2002年に発覚した東電の原発トラブル隠しでデータの隠蔽・改ざんなどが発覚し、当時の南直哉社長が辞任すると、後任として勝俣氏が社長に就任した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“元双葉町長・井戸川克隆氏「核の平和利用という言葉は一気に崩れた」 〜原告一人で東電と国を訴える裁判始まる” への 1 件のフィードバック

  1. 藤中 亮 より:

    頑張って下さい‼️
    仰る通りです!私の叔母も、福島で亡くなってます(−_−;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です