人種差別扇動のヘイトスピーチを許さず、李信恵さんの「反ヘイトスピーチ裁判」を支援する東大阪の集い 2015.2.21

記事公開日:2015.2.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 在特会・桜井誠元会長とインターネットサイト「保守速報」に対し損害賠償を求める裁判を起こした李信恵(リ・シネ)氏を支援しようと上瀧浩子氏(弁護士)・安田浩一氏(フリージャーナリスト)らを招いて「人種差別扇動のヘイトスピーチを許さず、李信恵さんの『反ヘイトスピーチ裁判』を支援する東大阪の集い」が、2月21日(土)18時半より大阪府・東大阪市立市民会館において開催された。

■ハイライト

  • 講演 上瀧浩子氏(弁護士)「李信恵さんの裁判に寄せて 〜何が問われているのか」
  • 講演 安田浩一氏(フリージャーナリスト)「日本における排外主義と人種差別扇動のヘイトスピーチ」
  • 報告 金光敏(キム・クァンミン)氏(コリアNGOセンター)「ヘイトスピーチをめぐる最近の動き」
  • あいさつ 梯信勝(かけはし・のぶかつ)氏(前府議会議員)
  • 日時 2015年2月21日(土)18:30~
  • 場所 東大阪市立市民会館(大阪府東大阪市)
  • 主催 「反ヘイトスピーチ裁判」を支援する東大阪の集い実行委員会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です