都知事選に立候補した宇都宮健児氏「東京都から安倍政権の暴走をストップする」~IWJ年末特番 宇都宮健児×海渡雄一×岩上安身 2013.12.31

記事公開日:2013.12.31地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・ゆさこうこ)

 「軍国化を強める安倍政権の暴走を、都政を通じてストップをかけなければいけない」――。東京都知事選に立候補を表明した宇都宮健児氏は、出馬の理由をこう語った。2013年12月31日に行われた「IWJ年末特番 宇都宮健児×海渡雄一×岩上安身」で、岩上安身が宇都宮氏と弁護士の海渡雄一氏に、基本政策について聞いた。

■イントロ

基本政策~安倍政権の暴走をストップし、福祉と平和を東京都から実現する

 宇都宮氏はまず、基本政策として「福祉と平和の実現」を第一に掲げる。石原都政・猪瀬都政のなかで福祉予算は削減され、それに追い打ちをかけるように、安倍政権は生活保護制度の「改悪」を行った。

 これに対して宇都宮氏は、「高齢者への福祉、待機児童の問題、ブラック企業の問題などに取り組む」と語った。また、「東京電力の大株主である東京都として、福島第一原発事故の収束、さらには柏崎・刈羽原発の廃炉を提案していきたい」と、東京都から脱原発政策を発信していきたいとした。

 2020年に東京での開催が決定しているオリンピックについては、安倍政権の軍国主義的な傾向を批判しながら、「平和と友好の祭典」になうよう、「原発事故の被災者も歓迎できるようなオリンピックをやるべき」と語った。

澤藤統一郎弁護士の批判について

 弁護士の澤藤統一郎氏から、2012年の都知事選における宇都宮氏の選対に関する問題点が指摘されており、公職選挙法違反があったのではないかという意見も出ている。

 この点に関して、宇都宮氏は「指摘をされていることに関しては、法律的に整理をして、1月6日に行われる政策に関する記者会見の席できちっと説明する」と答えた。この件に関しては、1月5日付で宇都宮氏の弁護団から「澤藤統一郎氏の公選法違反等の主張に対する法的見解」という文書が公表されている。

安倍総理の進める戦争準備

この記事と映像の完全版は、IWJサポート会員のみ閲覧・視聴ができます。
サポート会員の方はこちらから。 会員登録はこちらから。

関連記事


コメント “都知事選に立候補した宇都宮健児氏「東京都から安倍政権の暴走をストップする」~IWJ年末特番 宇都宮健児×海渡雄一×岩上安身

  1. 澤藤統一郎氏の指摘により、選挙費用が、労務費となっていた費目を実費と変える必要があるようですが、法律的問題についてアドバイスする立場であった(責任ある立場であった)澤藤氏は何故、今の時期に、このような苦言を呈するのでしょうか?
    それも、澤藤氏のブログでの一方的な発言でなく、何故、宇都宮氏らと共に話し合われないのでしょうか?
    不思議でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です