みんな・渡辺代表が会見 特定秘密保護法「与党の対応を評価」 2013.11.25

記事公開日:2013.11.25地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:IWJ 石川優、記事:IWJ ゆさこうこ)

 「官僚組織は旧式の人事制度にとらわれていて政策のイノベーションが起こせない」――。 みんなの党の渡辺喜美代表は、25日に日本外国特派員協会主催で行われた記者会見でこう述べた。

 しかし、渡辺代表の言う「イノベーション」には、憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認や、特定秘密保護法の成立、TPPへの参加、国家戦略特区の創設までもが含まれている。今回の会見で渡辺代表は、官僚組織のあり方を批判する一方で、安倍政権のTPP参加や国家戦略特区法案、みんなの党が提示した秘密保護法修正案への合意について「評価している」と語った。

■ハイライト

  • 日時 2013年11月25日(月)
  • 場所 日本外国特派員協会 (東京都千代田区)

秘密保護法案「みんなの党の要求を丸呑みしてきた政府与党の対応を高く評価」

 今月18日に、みんなの党は、特定秘密保護法案を巡る修正案で自民党、公明党と大筋合意をした。みんなの党が出した修正事項は、例えば、秘密の指定及び解除について国会に報告するとともに公表するようにすること、将来的に内閣におけるチェック機関を作れるようにすることなどである。安倍政権は、みんなの党の修正要求をただちに呑み込んで回答してきたと言う。これを踏まえ、「みんなの党の要求の大半を丸呑みしてきた政府与党の対応を高く評価する」と渡辺代表は語った。

官僚組織の仕組みを批判

関連記事

■視聴者ツイート

■報告ツイート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です