集団的自衛権行使容認に反対し院内集会 社民・照屋寛徳議員「冗談じゃない」と安倍総理を批判 2013.10.15

記事公開日:2013.10.15取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

 15日に召集された第185回臨時国会で、所信表明演説に臨んだ安倍総理は、「『積極的平和主義』こそが、我が国が背負うべき二十一世紀の看板であると信じます」と述べ、従来からの主張である憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認を進める意向をにじませた。

 同じ日、憲法の改正や解釈の変更に反対する社民党や日本共産党の議員らが参加し、「集団的自衛権の行使は平和憲法の破壊だ!10.15院内集会」が開かれた。民主党からも辻元清美議員が参加した。

■ハイライト

  • 出席議員
  • 民主党
     衆議院議員 辻元清美
  • 日本共産党
     衆議院議員 赤嶺政賢、笠井亮
     参議院議員 井上哲士、紙智子、吉良よし子、倉林明子、仁比聡平、山下芳生
  • 社民党
     衆議院議員 照屋寛徳
     参議院議員 吉田忠智、福島瑞穂
  • 沖縄社会大衆党
     参議院議員 糸数慶子
  • 日時 2013年10月15日(火)
  • 場所 衆議院第2議員会館(東京都千代田区)

「積極的平和主義」は戦争への道

 集会に参加した社民党の照屋寛徳衆議院議員は「自民党の憲法改正草案では9条2項を全面的に削除し、交戦権も限りなく認めるものになっている」と述べ、安倍総理が言う「積極的平和主義」とは自衛隊を外国で戦争に参加させることを意味するのだと指摘。「バカタレ。冗談じゃない!」と安倍総理を強い調子で批判した。

秘密保護法 「新聞業界の反対が一番弱い」

 メディア界から集会に参加した新聞労連の日比野敏陽委員長は、同じく安倍政権が臨時国会での成立を目指す特定秘密保護法の危険性を指摘。「組織として約2年間反対の活動をしてきたが、肝心の新聞業界が一番反対活動が弱い」と語り、新聞業界が先頭に立って反対活動を展開していくべきとの考えを示した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です