“豪腕・小沢”の次なる一手とは!? 生活の党が「自由党」に党名を変更、小沢氏「保守票なければ政権とれない」――山本太郎議員は党籍を残し「山本太郎となかまたち」から比例区で候補者擁立へ 2016.10.12

記事公開日:2016.10.15取材地: 動画

 「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表と山本太郎代表が、10月12日(水)に記者会見を開き、党名を「生活の党と山本太郎となかまたち」から、「自由党」に変更することを発表した。

 自由党は、1998年に結成された政党で、党首を務めたのは小沢一郎氏。小沢代表は、この党名変更について「自由党の時が、一番、政治的理念も政治政策も非常にはっきりとして、その意味において、非常に筋道の通った活動をすることができた」と述べ、「保守の自民党以外の票をとらなければ、政権はとれない」と、次期衆院選をにらんだ党名変更であると説明した。


生活の党と山本太郎となかまたち 第24回参議院議員選挙 開票センター 2016.7.10

記事公開日:2016.7.11取材地: 動画

 2016年7月10日(日)、東京都千代田区内の生活の党と山本太郎となかまたち 第24回参議院議員選挙 開票センターより、開票中の模様を中継した。


【参院選東京選挙区】「今の政界で一番必要な人材っちゅうのは、政治のプロである必要全然ないんですよ!」生活の党共同代表・小沢一郎氏が三宅洋平候補にエール!~選挙フェス〈DAY13〉 2016.7.4

記事公開日:2016.7.5取材地: テキスト動画

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト

※7月6日テキストを追加しました!

 「私、この人の名前を言うの、ドキドキして待ってたんです」

 司会の女優・木内みどり氏が名前を呼ぶと、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表の小沢一郎衆議院議員が、大きな笑顔をたたえ、ゆっくりと登壇した。


「愛で日本を救う!新宿7時間街宣」 〜参院選 比例区 生活の党と山本太郎となかまたち 青木愛候補 街頭演説(新宿西口) 2016.7.3

記事公開日:2016.7.5取材地: 動画

 2016年7月3日(日)、東京都新宿区の新宿西口小田急前にて、「愛で日本を救う!新宿7時間街宣」と題して、参院選・比例区 生活の党と山本太郎となかまたちの青木愛候補による街頭演説が行なわれた。


参院選 比例区 生活の党と山本太郎となかまたち 青木愛候補・小沢一郎代表 練り歩き(渋谷) 2016.7.3

記事公開日:2016.7.5取材地: 動画

 2016年7月3日(日)、東京都渋谷区のJR渋谷駅 ハチ公前を、参院選比例区・生活の党と山本太郎となかまたち青木愛候補と、同党の小沢一郎代表が練り歩いた。


参院選 新潟選挙区 森ゆうこ候補 街頭演説(柏崎市) 2016.7.1

記事公開日:2016.7.2取材地: 動画

 2016年7月1日(金)、新潟県柏崎市のフォンジェ前にて、参院選 新潟選挙区 森ゆうこ候補の街頭演説が行われた。


参院選 神奈川選挙区 日本共産党 浅賀由香候補 街頭演説(川崎駅前) ―応援 志位和夫・委員長、生活の党 小沢一郎・代表、SEALDs 奥田愛基氏ほか 2016.7.2

記事公開日:2016.7.2取材地: 動画

 2016年7月2日(土)、神奈川県川崎市の川崎駅東口ルフロン前にて、参院選・神奈川選挙区 日本共産党浅賀由香候補の街頭演説があり、志位和夫委員長、SEALDsの奥田愛基氏らが応援を行った。


生活の党と山本太郎となかまたち 小沢一郎共同代表 街頭演説 2016.6.30

記事公開日:2016.7.1取材地: 動画

 2016年6月30日(木)、大阪府大阪市の梅田ヨドバシカメラ前にて、生活の党と山本太郎となかまたち 小沢一郎共同代表 街頭演説が行われた。


日本外国特派員協会主催 生活の党と山本太郎と仲間たち 山本太郎共同代表 記者会見 2016.6.28

記事公開日:2016.6.28取材地: 動画

 2016年6月28日、東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、生活の党と山本太郎と仲間たちの山本太郎共同代表による記者会見が開かれた。


安倍総理、報ステの9党党首討論で一人しゃべりまくり!!挙げ句の果てに「フェアじゃない」とは、独善的な駄々っ子か!?お維、新党改革、日本のこころとはチームプレー! 2016.6.24

記事公開日:2016.6.24 テキスト

「でもちょっとフェアじゃないじゃない。これ」――。

 2016年7月10日の参議院選挙公示日前日(6月21日)。テレビ朝日系列『報道ステーション』の9党党首討論に自民党総裁として参加した安倍総理が、討論終了間際に言いがかりをつけた。

 最もフェアじゃなかったのは、安倍総理自身なのに、である。


生活の党 決起集会 ―小沢一郎代表、青木愛・参議院比例区予定候補ほか 2016.6.19

記事公開日:2016.6.21取材地: 動画

 2016年6月19日、東京都北区の岸町ふれあい館にて、生活の党 決起集会が開かれ、小沢一郎代表、参議院比例区予定候補の青木愛氏による会見が行われた。


生活の党と山本太郎となかまたち 政策発表会見 2016.6.17

記事公開日:2016.6.18取材地: 動画

 2016年6月17日(金)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎共同代表による政策発表会見が行われた。


「市民連合」の政策要望書に対する野党4党党首合意と記者会見 2016.6.7

記事公開日:2016.6.7取材地: 動画

 2016年6月7日、東京都千代田区の参議院議員会館にて、「市民連合」の政策要望書に対する野党4党の党首合意と記者会見が行われ、岡田克也・民進党代表、志位和夫・日本共産党委員長、又市征治・社会民主党幹事長(党首代行)、小沢一郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表が出席。市民連合からは、山口二郎氏、高田健氏、中野晃一氏、佐藤学氏、西郷南海子氏、SEALDsほか多数列席した。


生活の党と山本太郎となかまたち 代表定例記者会見 2016.4.12

記事公開日:2016.4.12取材地: 動画

 2016年4月12日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、生活の党と山本太郎となかまたち 代表定例記者会見が行なわれた。


「さくらの木」構想、生活・小沢代表「中身はよくわからない」としつつも「野党連携は歓迎」~野党比例統一名簿は「共産党は共産党独自で」 2016.4.5

記事公開日:2016.4.5取材地: 動画

 2016年4月5日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、生活の党と山本太郎となかまたち 代表定例記者会見が行われた。


生活の党と山本太郎となかまたち 代表定例記者会見 2016.2.23

記事公開日:2016.2.23取材地: 動画

 2016年2月23日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、生活の党と山本太郎となかまたち 代表定例記者会見が行われた。


「民主党は前のめりな決断を」野党5党非公式会合を終えた生活の党・玉城デニー幹事長に単独インタビュー!〜「衆参ダブル選挙でこなごなにされる」民主党議員からも不満の声 2016.2.5

記事公開日:2016.2.7取材地: テキスト動画独自

 民主党は起爆力になるのか、それとも、ただシラケさせるだけで終わるのか――。

 今夏の参院選まで後5ヶ月余り。すでに選挙戦に突入したと言ってもいいが、未だに二の足を踏んだ状態の「野党共闘」。期待を寄せる有権者の多くが、焦れったい苛立ちを感じている。新潟選挙区では市民と野党による統一候補者の調整が進む中、民主党が突然、対抗馬を立てるなど足並みはバラバラだ。

 野党は総崩れしてしまうのではないか。選挙の行く末を案ずる声が日に日に大きくなる中、民主・共産・維新・生活・社民5野党の幹事長が2016年2月4日、枝野幸男民主党幹事長の呼びかけで、非公式会合を行った。


「民主と維新だけで話し合ったって勝てない」〜生活・小沢代表が民主党に忠告!参院選新潟選挙区・菊田氏鞍替え出馬を「大義から外れた姑息なやり方」と痛烈批判 2016.2.2

記事公開日:2016.2.3取材地: テキスト動画

 「野党統一候補としてみんなでやろうという大義から、全く外れた非常に姑息なやり方だ」

 今夏の参院選までカウントダウンが始まったというのに、遅々として進まない「野党共闘」。足かせになっているのは、こともあろうに民主党なのではないか。野党第一党に対する不安や不満の声が野党内からもくすぶり始めている。生活の党と山本太郎と仲間たちの小沢一郎代表は2016年2月2日の定例会見で、民主党を「姑息」だと痛烈に批判した。


「全国的な選挙調整ができなければ『全滅』だ。今のままだとそうなる可能性が非常に強い」――生活・小沢代表が参院選に危機感!自民党側に回った鈴木宗男氏の「転身」にも言及 2016.1.12

記事公開日:2016.1.14取材地: テキスト動画

※1月14日テキストを追加しました!

 「北海道5区は鈴木宗男氏の影響は強いが野党に対する票も多い。まとまれば勝てるはずだが、今のままでは厳しい」

 2016年1月12日に参議院議員会館で「生活の党と山本太郎となかまたち」代表定例記者会見が行われた。小沢一郎共同代表は、北海道5区で鈴木宗男氏が自民候補を支持すると表明した件で、現状の野党共闘では、野党候補に勝算はないとする見解を示した。


「生活の党」小沢・山本両代表が緊急事態条項を徹底批判!「権力者による基本的人権の一方的な制限に利用」「極右的な安倍政権の下で運用・解釈がねじ曲げられる」 2016.1.4

記事公開日:2016.1.8取材地: テキスト動画

※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!
菅官房長官は2016年4月15日の記者会見で、熊本地震に関連し緊急事態条項を「極めて重い課題」と発言。
※1月8日テキストを追加しました!

 「緊急事態、非常事態というのは、国民の基本的人権を制限する」「一歩誤れば、権力者による基本的人権の一方的な制限に利用される」「今の極右的な安倍政権のもとで、その運用やら解釈やら捻じ曲げられて、利用される可能性が高い」

 「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎共同代表は、2016年1月4日(月)の定例記者会見で、自民党・安倍政権が憲法改正の一丁目一番地に掲げる緊急事態条項の新設について、厳しく批判した。