ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて―登壇:安田浩一氏(ジャーナリスト)、指宿昭一氏(弁護士)、鈴木江理子氏(国士館大学教授)、師岡康子氏(弁護士) 2019.5.29

記事公開日:2019.10.5取材地: 動画

 2019年5月29日(水)13時半より東京都千代田区の参議院議員会館101会議室にて、外国人人権法連絡会、移住者と連帯する全国ネットワーク、人種差別撤廃NGOネットワーク、のりこえねっと、ヒューマンライツナウの主催により「ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて」が開催された。ジャーナリストの安田浩一氏や弁護士の指宿昭一氏、国士館大学教授の鈴木江理子氏、弁護士の師岡康子氏らが参加し、外国人労働者や入管法、人種差別問題などについて議論が行われた。


「外国人労働者を使い捨てにさせてはならない」移住連代表理事・鳥井一平氏 ~ 3.29入管法改定で奴隷労働構造は変わるのか~2019年4月1日よりスタートの「新たな外国人労働者受入れ制度」に向けての声明を発表 2019.3.29

記事公開日:2019.7.28取材地: 動画

 2019年3月29日(金)13時より、東京都千代田区の厚生労働省にて、移住者と連帯する全国ネットワーク、外国人技能実習生問題弁護士連絡会による記者会見が開かれた。2019年4月1日から新たに始まる外国人労働者受け入れ制度に向けた声明発表と失踪技能実習生に係る聴取票に関する法務省調査についてコメントを発表した。


技能実習制度の奴隷的労働に近づいている!ブローカーの中間搾取と人権侵害への歯止めなき「特定技能1号」の実態!~学習会「外国人労働者と被ばく労働」で指宿(いぶすき)昭一弁護士 2019.5.27

記事公開日:2019.7.28取材地: 動画

 2019年5月27日(月)18時半より東京都千代田区の連合会館にて、NPO法人 原子力資料情報室、被ばく労働を考えるネットワークの共催による学習会「外国人労働者と被ばく労働」が開催された。弁護士で外国人技能実習生問題弁護士連絡会共同代表の指宿昭一氏他より「外国人労働者問題の現状」についての報告が行われた。