「真っ赤なウソ」「フェイク発言」のツイートで過熱する京都市長選!! 現役市長・門川候補と弁護士・福山候補の批判合戦に京都市議・村山候補を交えた三つ巴の戦いは、誰が「ウソつきか」を見破る絶好の機会!! 2020.1.25

記事公開日:2020.1.25 テキスト

 1月19日告示、2月2日投票の京都市長選は、明日26日で折り返し点を迎える。

 3人の候補者、公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連が推薦する現職の門川大作氏と、共産、れいわ新選組が推薦する福山和人氏、そして地域政党「京都党」の元代表で京都市議の村山祥栄氏は、観光公害対策をはじめ京都が抱える様々な課題に関して、連日激しい舌戦を繰り広げている。


預けた子どもの事故死に直結する保育園の規制緩和! 鳥越俊太郎都知事候補が保育園待機児童問題・保育事故遺族らと懇談~「規制緩和ではなく、事故ゼロでの待機児童解消を訴えていきたい」 2016.7.23

記事公開日:2016.7.23取材地: テキスト動画

※7月28日テキストを追加しました。

 待機児童の解消のために、規制緩和や保育園の民営化が「切り札」のように語られることがある。だが、規制緩和は、「切り札」どころか、預けた子どもの事故死に直結しかねない。実際に、詰め込み保育の事故によって、お子さんを失った方々の肉声に耳を傾ける時、規制を緩和して子どもを詰め込み、保育士の資格を持たない人が保育にあたることが、どれほど危険なことか、痛切に思い知らされる。子どもの安全性を犠牲にする規制緩和には、百害あって一利もない。子どもを失った当事者の声を聞いてなお、規制緩和を主張できる者はいるのだろうか?

 2016年7月23日、東京都千代田区の主婦会館プラザエフにて、都知事選候補・鳥越俊太郎氏と保育園問題の当事者との懇談が開かれた。


超党派イクメン議連主催 シンポジウム「男性・お父さんの立場 から考える待機児童問題」 2016.5.10

記事公開日:2016.5.10取材地: 動画

 2016年5月10日(火)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、超党派イクメン議員連盟が主催するシンポジウム「男性・お父さんの立場 から考える待機児童問題」が開催された。


「待機児童緊急対策本部」第10回会合 2016.4.25

記事公開日:2016.4.25取材地: 動画

 2016年4月25日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、民進党による「待機児童緊急対策本部」第10回会合が開かれた。


政府は本気で待機児童問題に取り組む気があるのか~保育中の事故で子供を亡くした母親が訴え「保育士を大切にしないと子どもの命は守れない」~私たち声をあげます!大作戦 2016.4.11

記事公開日:2016.4.11取材地: テキスト動画

※5月26日テキストを追加しました!

 安倍総理は2015年9月30日、アベノミクスの「新3本の矢」を発表した。その中の第2の矢が「夢を紡ぐ子育て支援」で、2017年までに、待機児童ゼロ、希望出生率1.8%を掲げていた。にもかかわらず、子育てを巡る環境は一向に改善されず、2016年2月、「保育園落ちた日本死ね!!!」ブログに端を発した待機児童問題は、母親たちが国会に抗議に行くほど大きなうねりになった。


「世帯収入が上がれば専業主婦が増え、待機児童問題が解決する」!?いよいよ迫る北海道5区衆院補選、自民候補・和田義明氏発言の「女性蔑視」と「時代錯誤」にシラケる! 2016.4.7

記事公開日:2016.4.7取材地: テキスト

※日刊IWJガイド2016.4.7日号~No.1302号~より

 おはようございます!IWJではマイナンバー担当の「エマイナちゃん」の「中の人」を担当して記者デビューした新卒記者の城石エマと申します!

 衆院補選の告示まで、1週間を切りました。

 北海道5区から出馬を決めているのは、自民党推薦の新人・和田義明氏とオール野党統一候補の新人・池田真紀氏。自民の和田氏は、昨年6月に死去した町村議員の娘婿にあたり、商社勤めを経て立候補にのぞむ「世襲議員」にあたります。一方の池田氏は、介護や障害者施設の現場で働き、福祉事務所に勤めた経験の持ち主で、市民連合推薦の、「野党共闘」候補として選挙戦に挑みます!


思い切った「処遇改善」で保育士を増やそう緊急集会 2016.3.29

記事公開日:2016.3.29取材地: 動画

 2016年3月29日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、思い切った「処遇改善」で保育士を増やそう緊急集会が行われた。


自公が「小規模保育所の定員拡大」を緊急提言!規制緩和で子供の安全はどうなる!? 保育士の月額給与「5万円増」法案をまとめた5野党が政府与党の本気度を問う! 2016.3.24

記事公開日:2016.3.29取材地: テキスト動画

※3月29日テキストを追加しました!

 「保育園落ちた日本死ね!!!」の匿名ブログが公開されてから約1ヶ月。この間、母親たちの不満や怒りが国会を動かし、与野党ともに待機児童を解消するため協議を重ねてきた。民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は2016年3月24日、保育士らの給与を月額5万円引き上げるための独自法案を衆議院に提出。ブログに共感する母親たちの切実な声に後押しされ、1ヶ月というスピード提出となった。


「待機児童緊急対策本部」第6回会合 2016.3.29

記事公開日:2016.3.29取材地: 動画

 2016年3月29日、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、10時30分より「待機児童緊急対策本部」第6回会合が開かれた。


なぜ保育士は、低待遇で働いているのか?認可保育園の賃金は、事業者が決めることはできない!?各党の政策内容に注目!与党のペテン「規制緩和策」にだまされてはいけない! 2016.3.28

記事公開日:2016.3.29取材地: テキスト

 2016年2月15日に書かれた匿名のブログ記事、「保育園落ちた日本死ね!!!」が大きな反響と共感を呼んだことをきっかけに、待機児童の問題に注目が集まるようになってから、約1カ月以上が過ぎようとしている。

 2月29日の衆議院予算委員会でこのブログを取り上げた民主党の山尾志桜里・衆院議員に対し、当初、安倍首相は「匿名なんだから確かめようがない」と、この問題を突き放すかのような答弁をした。しかし、例えブログが匿名だったとしても、日本における待機児童数が、2015年の4月時点で2万3167人を突破していることは事実だ。安倍首相による、こうした現状を無視した発言は多くの人々の怒りを呼び、3月4日には、国会前での抗議のスタンディングデモが開かれた。


国会前 0325保育士アクション 2016.3.25

記事公開日:2016.3.25取材地: 動画

 2016年3月25日(金)、東京都千代田区の国会議事堂正門前にて、「国会前 0325保育士アクション」が行なわれた。


「保育園!!!私たち声をあげます!保育園落ちたの私と私の友だちだ。保育士辞めたの私だ。国会大作戦」 2016.3.23

記事公開日:2016.3.23取材地: 動画

 2016年3月23日、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、保護者・保育士による国会議員に要望を伝えるアクション「保育園!!!私たち声をあげます!保育園落ちたの私と私の友だちだ。保育士辞めたの私だ。国会大作戦」が行われた。


【02.29国会ハイライト】「保育園落ちた日本死ね!!!」待機児童に悩む親たちの悲痛な叫びに安倍総理が「匿名である以上確かめようがない」と無神経発言! 与党議員らは「本人出せよ」の下劣な野次! 2016.3.23

記事公開日:2016.3.23 テキスト

 「保育園落ちた日本死ね!!!」

 安倍総理も自民党議員も、なぜ、これが「現実の声」であると想像できないのだろうか?

 2016年2月15日、「はてなダイアリー」に投稿された一つのブログが、同じように待機児童を抱える親たちの間で、あっという間に共感を得て拡散された。

「現実の声」であると薄々でも気づいているからこそ、この問題が政治的テーマとして浮上してくるのが不都合で、大声の野次で押しつぶし、シラを切り通さなくてはならない、ということなのだろうか。

 ブログの投稿から2週間後の2月29日、民主党の山尾志桜里議員が、衆院予算委員会で国会議員として初めて、このブログを取り上げた。


民主党「待機児童緊急対策本部」第3回会合および役員会 2016.3.22

記事公開日:2016.3.22取材地: 動画

 2016年3月22日(火)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、民主党「待機児童緊急対策本部」第3回会合および役員会が行なわれた。


民主党「待機児童緊急対策本部」第2回会合 2016.3.17

記事公開日:2016.3.17取材地: 動画

 2016年3月17日(木)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、民主党「待機児童緊急対策本部」第2回会合が行なわれた。


民主・岡田代表、蓮舫、山尾議員らが出席「待機児童緊急対策本部」第一回~母親6人からヒアリング「月24万円の保育園に通わせるはめに」!? 2016.3.15

記事公開日:2016.3.15取材地: テキスト

 子どもが保育園に入園できず、仕事に復帰できない母親の怒りを綴った「保育園に落ちた日本死ね」のブログが公開されてから一ヶ月が経った。この間、ブログに共感する母親たちが国会前に駆け付け抗議を行い、保育制度の充実を求めるネット署名運動には2万8千人近い賛同者が集まるなど、待ったなしの事態に追い込まれた母親たちの切実な声は、国会をも動かす力に発展している。


「保育園落ちた日本死ね!」に共産党が便乗と報じる産経新聞~産経新聞の「反自民はなんでも共産病」には、もううんざり! 2016.3.13

記事公開日:2016.3.13取材地: テキスト

 先月2月25日、はてな匿名ダイアリーに投稿されたブログ、「保育園落ちた日本死ね!!」は、大きな反響を呼ぶことになりました。


保育園落ちたの私だスタンディング 2016.3.5

記事公開日:2016.3.5取材地: 動画

 2016年3月5日(土)、東京都千代田区、国会議事堂正門前北庭側にて「保育園落ちたの私だスタンディング」が行われた。


#保育園落ちたの私だ ハッシュタグに続々と集まる怒りはついに国会前で生の声に!!0歳児も「落とされたのオレだ!」とデモに参加 2016.3.4

記事公開日:2016.3.5取材地: テキスト動画

※3月5日テキストを追加しました!

 「国会のニュースを見て、ひどい野次だと思って。当事者はいっぱいいるんだということを示したかった。それだけですね。当事者の私が行かないといけないんじゃないかなと」――

 2016年3月4日、国会前で行われたスタンディングデモに参加した女性は、参加のきっかけをこう語った。3歳と6歳の兄弟を無認可の保育園に預けて働いているが、認可保育園の「不承諾通知」を2回受け取ったことがある。不承諾通知を受け取ってから1カ月間は、昼は電話帳で認可外の保育園を探しては電話をかけ、見学を繰り返し、夜は授乳という日々を過ごしたという。


【児童相談所問題】晃華学園事件 第4回口頭弁論後の報告会 2015.8.27

記事公開日:2015.8.27取材地: 動画
【児童相談所問題】晃華学園事件 第4回口頭弁論後の報告会

 2015年8月27日(木)、東京都港区のLEN貸し会議室「虎ノ門天徳ビル」で「晃華学園事件」第4回口頭弁論後の報告会が行われた。