日蓮宗僧侶・小野文珖氏「今、沖縄で戦没者の遺骨の混じった土砂が辺野古の基地に使われようとしている。この言語道断・人倫に悖る行為を許していいのか?」~3.25政府は戦没者の遺骨を救わなければならない国会集会 2021.3.25

記事公開日:2021.3.26取材地: テキスト動画

 2021年3月25日(木)、午後2時より、東京都千代田区の衆議院第2議員会館にて、「政府は戦没者の遺骨を救わなければならない 国会集会」が、「平和をつくり出す宗教者ネット」と「基地のない沖縄をめざす宗教者の集い」の共催で行われた。


朝鮮半島に平和を!キャンドルアクション Part 2(名古屋・栄) 2018.5.26

記事公開日:2018.5.30取材地: 動画

 2018年5月26日(土)19時より愛知県名古屋市の久屋大通公園希望の泉前にて、朝鮮半島の平和を願う「朝鮮半島に平和を!キャンドルアクション Part 2」が開催された。


新崎盛暉平和活動奨励基金助成金交付式(那覇市) 2017.6.16

記事公開日:2017.6.17取材地: 動画

 歴史学者・新崎盛暉氏(沖縄大学名誉教授)と支援者の呼びかけにより創設された「新崎盛暉平和活動奨励基金」の第1回助成金交付式が、2017年6月16日(金)18時半より沖縄県那覇市の八汐荘で行われた。交付式に続いて、新崎氏、および助成に採択された蝶類研究者・宮城秋乃氏(アキノ隊員)、調査団体インフォームド・パブリック・プロジェクト (IPP) 河村雅美代表が記念スピーチを行った。


ピース・アクション2017年 平和とくらしを守る県民大会(大浦湾・瀬嵩海岸) 2017.5.14

記事公開日:2017.5.14取材地: 動画

 12日から沖縄で行われていた「ピース・アクション2017年 5・15平和行進」の締めくくりとして、2017年5月14日(日)10時より「復帰45年 5・15平和とくらしを守る県民大会」が、行進の参加者ら2200人(主催者発表)が参加して辺野古を望む瀬嵩の浜(沖縄県名護市)で開かれた。


立憲主義・平和主義・民主主義を守るために ―基調講演 志葉玲氏(ジャーナリスト) 2016.2.9

記事公開日:2016.2.27取材地: 動画

 2016年2月9日(火)18時半より、岡山市中区の岡山医療生協会館コムコムホールでシンポジウム「立憲主義・平和主義・民主主義を守るために」が開かれ、戦場ジャーナリストの志葉玲氏が基調講演を行った。


日本をとりもどすマツリゴトday ―三宅洋平氏ほか 2014.6.1

記事公開日:2014.6.1取材地: 動画

 2014年6月1日(日)11時より、名古屋市栄の白川公園でイベント「日本をとりもどすマツリゴトday・決めるのは私たち!~原発・平和・くらしすべてのいのちと未来のために~」が行われた。炎天下の中、ステージでは脱原発や平和を願うスピーチ・演奏が行われ、最後にミュージシャンの三宅洋平氏らが参加者も交えてトレーシー・チャップマンの「トーキング・アバウト・ア・レボリューション」を熱演した。


平和が一番 かかあデモ 2013.5.11

記事公開日:2013.5.11取材地: 動画

 2013年5月11日(土)13時より、群馬県高崎市で「平和が一番 かかあデモ」が行われた。戦争・原発・TPP・憲法改悪・朝鮮学校補助金問題・貧困・差別など、平和に関するテーマが、マルチイシューで訴えられた。参加者たちは高崎城址公園に集合し、高崎駅、高島屋、音楽センター前などを、変装、シュプレヒコールをしながらデモ行進した


イスラエルの平和運動は今―アダム・ケラー講演会 2013.1.15

記事公開日:2013.1.15取材地: テキスト動画

特集 中東

 2013年1月15日(火)18時30分より、東京都千代田区の明治大学リバティタワー16階 1166号教室で、「イスラエルの平和運動は今―アダム・ケラー講演会」が行われた。平和活動家で、イスラエルの平和団体グーシュ・シャロームの創設メンバーであるアダム・ケラー氏が、イスラエル、パレスチナの歴史と現状を説明し、問題解決に向けた自らの活動について語った。


ピースデイ&キャンドルナイト 2012.11.3

記事公開日:2012.11.3取材地: 動画

 2012年11月3日(土)、群馬県藤岡市のららん藤岡で、「ピースデイ&キャンドルナイト」が行われた。