福島瑞穂議員「大飯原発は新規制基準に合致していないでしょ」 ~規制庁交渉「大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を!」 2013.6.21

記事公開日:2013.6.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 原発の新規制基準が7月8日に施行されることになり、最大6原発12基が再稼働に向け申請するとされる中、参議院議員会館にて「規制庁交渉 大飯原発は新基準に適合していない!直ちに停止を!」が行われた。

 冒頭、主催のグリーン・アクションのスミス氏から「新規制基準は福島の事故の教訓を踏まえて、施行され実施されていくはずだが、実態は程遠い。大飯原発は全く新基準に適合していない。原子力規制庁は新規制基準を作りながら、自らこの基準を違反しようとしている」と指摘した。

 原子力規制庁との交渉では、事前に質問書を提出しており、それに即して回答を求めた。質問内容としては、現在、大飯原発には免震事務棟がなく、1・2号機建屋内の会議室を代わりに使用することになっているが、充分な機能を果たせるのか、また完成は2015年秋頃になることから、現時点で新基準に適合していないのではないか。また、再稼働の申請の前提となる防潮堤がなく、こちらも来年3月が完成予定なことから、こちらも現時点で新基準に適合していないのでないか、などの点を挙げていた。

 集会に参加した福島瑞穂議員からは「大飯原発は新規制基準に合致してないでしょ。新規制基準に合致してないものを動かすことはできないでしょ。大飯だけ例外はありえない。直ちに止めるべきだ」と攻め寄る場面もあった。

■ハイライト

  • 主催 グリーン・アクション、美浜の会、大飯原発止めよう裁判の会、原子力規制を監視する市民の会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入より御覧になれます(サーバーメンテナンスのため、12月2日12時頃まで単品購入を受付できません。2日午後以降にご注文ください)。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です