佐藤弁護士「明らかに誤った起訴」 PC遠隔操作事件で、東京地検が片山被疑者を起訴へ ~PC遠隔操作事件 佐藤博史弁護士&木谷明弁護士 記者会見 2013.3.22

記事公開日:2013.3.22取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・阿部光平)

 PC遠隔操作事件で勾留中の、片山祐輔被疑者が東京地検から起訴される見通しである。佐藤弁護士が検察官へ確認したという。再々逮捕の決定は未だ下されていないが、起訴後の勾留は続く見込みだ。

■ハイライト

 PC遠隔操作事件の犯人の疑いで逮捕されている片山祐輔容疑者の勾留理由開示会見から一夜明け、弁護団に衝撃が走った。前日の会見では片山容疑者の保釈に絶対的な自信を見せていた佐藤、木谷の両弁護士だったが、今朝の新聞で報道された起訴のニュースに目を疑ったという。

 両名は今朝8時から湾岸署にて片山容疑者と接見。起訴の報道があった新聞記事を見せると、頭を抱えてうなだれながら「どうしてこんなことになったのですか?」と訴え続けたという。これに対し弁護団は、無実を勝ち取る裁判に立ち向かうようはげまし続けたたが、ショックの大きさになかなか立ち直ることができず、接見は2時間に及んだ。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です