内閣情報調査室とデジタル庁の情報共有に懸念! 「菅首相の説く『省庁間の壁を壊す』とは、個人情報保護のための壁を解体することではないか!」~1.18デジタル庁なんていらない!1・18院内集会 2021.1.18

記事公開日:2021.1.19取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材、文・渡会裕)

 2021年1月18日、東京・千代田区の衆議院議員会館で、共謀罪NO!実行委員会と「秘密保護法」廃止へ!実行委員会の主催で、デジタル庁なんていらない1・18院内集会が開かれた。

 2021年1月15日、自民党のデジタル社会推進本部で「通常国会提出予定法案(デジタル関連)(概要)について」と題した討議がなされた。内容は今国会で提出される予定の6法案(内、整備法案8法案)だが、これらはひとつの束ね法案として提出される見通しだ。

 自民党案は、IT基本法を改正してデジタル社会形成基本法案(仮称)として新たに立法を行うとともに、デジタル庁を設置するための法案なども含まれている。

 集会で、法案の解説を行った海渡雄一弁護士は「デジタル庁は内閣府に置かれる」「内閣府の中の最も権力の強い内閣情報調査室の隣にデジタル庁ができるといわれている」と説明し、「内閣情報調査室とデジタル庁の両者の間で情報共有された時に、どんなに破壊的なことが起きるかという事を肝に銘じて、そのようなことが起きないようにしなければならない」と懸念を示し、警戒を促した。

 主催者らは、今後2月8日、3月8日、4月6日にも学習会を予定している。

 デジタル関連6法案は、2月9日、閣議決定される見通しだ。

※ハイライトは準備が整い次第、アップします。しばらくお待ちください。現在、会員様のみ全編動画(2時間8分)をご視聴いただけます。→ご登録はこちらから

  • 日時 2021年1月18日(月)13:45~16:00
  • 場所 衆議院第2議員会館 多目的会議室(東京都千代田区)
  • 詳細 話し合うことが罪になる共謀罪No! サイト内告知
  • 主催 共謀罪NO!実行委員会、「秘密保護法」廃止へ!実行委員会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です