(再掲)「世界は新たな危険段階に入った」とWHOが発表!新型コロナ世界新規感染者数は15万人超え!米国とブラジルの2カ国は、それぞれ1日あたり3万件を超えるペースで急増!感染抑止政策によって各国に明暗! 2020.6.22

記事公開日:2020.6.22 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:六反田千恵)

 新型コロナ・ウイルスの1日あたり新規感染者数が15万人を超えたことを受けて、WHOのテドロス事務局長は、世界は「新たな危険段階に入った」と発表した。

 6月19日に行われた記者会見で、テドロス事務局長は、「パンデミックは加速している」「COVID-19の15万件を超える新規症例が昨日WHOに報告された。これはこれまでの(1日あたりの新規症例として)最大数である。これらの症例のほぼ半分は南米と北米から報告されており、南アジアおよび中東からも多数報告されている」とし、「世界は新たな危険段階に入った」という認識を示した。

▲テドロス世界保健機関事務局長(Wikipediaより)

 テドロス事務局長は、6月20日の「世界難民の日」を前に、パンデミックの加速によって「最も被害を受けるのは最も脆弱な人である」、「世界で最も脆弱な人々の一部」であると述べ、パンデミックよってさらに困難な状況に置かれている難民のための連帯と協力を呼びかけた。

記事目次

米国とブラジルで1日あたりの新規感染者がそれぞれ3万人以上! インドを含めた上位3カ国で世界の52%!

 新型コロナウイルスのパンデミックが始まったとされる中国、そして周辺の東アジア、東南アジア、オセアニア諸国では、比較的落ち着きを見せており、経済再開へと歩み始めている(もっとも、PCR検査を怠たれば、第2波到来に向けての準備が遅れることになるため、日本は要注意である)。しかし、世界では新型コロナウイルスは依然として猛威をふるっている。

 World meterによれば、6月20日時点の世界の感染症例は892万3086件(累計)、アクティブな症例は371万2380件、死亡者数は46万6893人(累計)、快復者数は474万3813人(累計)、新規感染者数は15万6922人となっている。

 新規感染者のうち、米国が3万3388件、ブラジルが3万1571件、インドが1万5917件、上位3カ国合計で8万876人と、世界の52%を占めている。なかでもブラジルは総人口2億人と米国の3分の2だが、1日あたりの新規感染症例増加数は米国を追い越す勢いだ。

 これまでの累計感染症例の上位5カ国は、米国(233万578件、世界26%)、ブラジル(107万139件、世界12%)、ロシア(57万6952件)、インド(41万1727件)、イギリス(30万3110件)と続く。

 米国は、世界の感染症例の26%を占め、これはロシアを含むヨーロッパの総感染者数229万7767件を超えている。また、ブラジルは世界の12%、中南米の総計200万9089件の53%を占めている。

 米国は、死亡者数も12万1980人と世界最多で、世界総計死亡者数46万6266人の約4分の1(26%)を占め、アクティブな症例も3分の1(123万5657件、33.3%)、重症例も3分の1弱(1万6529件、30.3%)を占める一方、快復者数は5分の1(97万2941人、21%)とやや低迷している。

米大統領選でトランプ氏再選に悲観論も! 経済格差が感染拡大と被害の長期化をもたらすコロナ禍は新自由主義の構造的問題!

 米国では、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための都市封鎖に反発し、仕事を要求するデモが5月上旬には広がっていた。

 World meterの5月1日(確定分)によれば、まだ米国の感染症例数は約113万人と、現在(6月20日)の半分ほどで、ニューヨーク州および周辺地(ニューヨーク州31.5万人、ニュージャージー州12.1万人、その他周辺地域との合計で約56万)が、全感染症例の約2分の1を占めていた。

 そこへ、5月25日にアフリカ系米国人ジョージ・フロイドさんが、ミネアポリス警察の白人元警官に膝で首を押さえつけられた結果、死亡する事件が起こり、その動画が拡散され、2週間に渡って米全土に広がる大規模な反人種差別デモを引き起こした。

▲トランプ米大統領(Wikipediaより)

 トランプ大統領が再選を狙う11月の大統領選挙については、すでに悲観論がでている。「Oxford Economics」は、米国はコロナ危機によって個人所得が6%近く下落、13%以上の失業率とともにデフレ不況に陥り、「(トランプ大統領の)獲得票数は総投票の35%にとどまり敗北する」と5月20日に発表している。このことは、世界的に見れば感染拡大の抑制に成功している東アジアにいながら、日本の経済やビジネスが、これまで通りに米国追従のままでいると、将来の見通しが暗い、ということも意味する。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です