東京都知事選、立候補予定者5氏が共同会見! 山本氏の言う「地方債」で15~20兆円調達は本当か!? IWJも都庁、総務省に確認!! 気になる争点満載! 2020.6.18

記事公開日:2020.6.18 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文責・IWJ編集部)

※IWJ存続のためにも、会見の中継を続けるためにも、会員登録での、みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。サポート会員のみインタビューすべてが視聴可能になります!⇒ →ご登録はこちらから

 2020年6月17日、日本記者クラブ主催で、東京都知事選挙に立候補を予定している5氏のオンライン共同記者会見が開催された。登壇したのは、元日本弁護士連合会会長・宇都宮健児氏、前熊本県副知事・小野泰輔(たいすけ)氏、東京都知事・小池百合子氏、NHKから国民を守る党党首・立花孝志氏、れいわ新選組代表・山本太郎氏の5氏(名前五十音順)。

 宇都宮氏が「五輪は中止して予算をコロナ支援に」と言えば、山本氏が「地方債を日銀が買い取り、誰も路頭に迷わない社会実現」と主張。小池都知事の公約「7つのゼロ」達成度は? 小池都知事による「東京アラート」解除後に感染者数が増えているのではないか? 山本氏がいう「地方債」による15兆あるいは20兆円の自己調達はほんとうに可能なのか? 小池氏はカイロ大学卒業証明書の都議会提出をなぜ拒否するのか? など、都知事選の気になる争点が満載の共同会見となった。

 司会進行と代表質問団は、日本記者クラブ企画委員の、小栗泉氏(日本テレビ)、川上高志氏(共同通信)、瀬口晴義氏(東京新聞)、森田景史氏(産経新聞)の4名。以下に記者会見の概略を紹介する。

▲上左から宇都宮健児氏、小池百合子氏、山本太郎氏(下段)小野泰輔氏、立花孝志氏(写真はいずれもIWJ)

記事目次

  • 宇都宮氏「五輪中止してコロナ支援に」
  • 小野氏「五輪は5年後開催」
  • 小池氏「東京大改革ver2にヴァージョンアップ」
  • 立花氏「ホリエモンの東京改造計画37項」
  • 山本氏「地方債を日銀が買い取り、誰も路頭に迷わない」
  • 小池都知事の公約「7つのゼロ」達成度は?
  • 「東京アラート」解除後に感染者数が増えている
  • 小池都政の採点は?
  • 小池氏の言う「自衛」とは自己責任か?
  • 山本氏の「都民一人10万円」の財源は?
  • 山本氏「地方債で20兆円自己調達」、小池氏「15兆円発行で返済額は年間1.5兆」
  • 五輪追加予算3000億!? 小池氏「数字はまだ固まっていない」
  • 山本氏「日本のカジノ計画はもう詰んだ」
  • 小池氏「情報公開、透明化は改革の一丁目一番地」、山本氏「豊洲移転も基本方針の記録がない」
  • 立花氏「副知事は堀江貴文さん」
  • 小池氏はカイロ大学卒業証明書の都議会提出をなぜ拒否!?
  • 宇都宮氏「自己責任よりも社会的連帯」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です