「咽頭がん手術で声帯を失う前にIWJで日本の記者クラブ問題を話したい!」岩上安身によるインタビュー 第989回 ゲストジャーナリスト浅野健一氏 2020.3.27

記事公開日:2020.3.31取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちら

 2020年3月27日(金)18時30分より、東京都港区のIWJ事務所にて、ジャーナリストの浅野健一氏に岩上安身がインタビューを行った。咽頭癌に冒され、4月2日に手術を受け声帯が失われてしまうジャーナリストの浅野健一氏より、手術前にどうしても岩上安身のインタビューを受けたいとの声を受け、急遽インタビューを実施。IWJではフルオープンで生配信した。

 インタビューでは、日本のメディアが抱える問題の根源にある「記者クラブ」をテーマに、記者クラブの廃止と、それに代わる「ジャーナリスト協会」の設立の提言について話した。元共同通信記者で、同志社大学社会学部メディア学科教授を務めた浅野氏は、日本の犯罪報道等の問題点とともに、記者クラブの問題を含めて、多数の著書を執筆。

 浅野氏は開口一番、「癌の再発が分かって、IWJにお世話になってるし、記者クラブの問題を分かってくれているし、橋下さんと岩上さんが闘ってる姿に共鳴して、ぜひお願いしたい」とインタビューに臨んだ意志を語った。

■ハイライト

  • タイトル 国民の知る権利阻む「記者クラブ」廃止!「ジャーナリスト協会」設立へ! 岩上安身によるジャーナリスト浅野健一氏インタビュー
  • 日時 2020年3月27日(金)18:30〜20:30
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です