「桜を見る会」、「森友文書改ざん」、「自衛隊中東派兵」、「辺野古埋立て」、「復興五輪」。数々の暴挙を行い、改憲・戦争に向かう安倍政権に怒りの声を!~3.22 改憲とめる!戦争させない!アベたおせ!3.22新宿デモ 2020.3.22

記事公開日:2020.3.24取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2020年3月22日(日)午後2時より、「改憲・戦争阻止!大行進 実行委員会」の主催で、「改憲とめる! 戦争させない! アベたおせ!3.22新宿デモ」が行われた。

 デモ行進開始の前に、港合同労組・執行委員の木下氏より、「日本中で、労働組合と地域住民がひとつになって、権力との戦いを推し進めている。また、関西生コンへの大弾圧をはね返す力も、この労組と地域住民の連帯の中にある。あらゆる弾圧は、労働組合だけに向けられたものではなく、すべての『我々』自身に向けられているという危機感を持たなければならない」とアピールがあった。

 続いて、呼びかけ団体のひとつである、国鉄千葉動力車労働組合・前委員長の田中氏が、「この場でみなさんに、お礼と報告がある。わたしたちは、この3月13日から15日、48時間のストライキに立ち上がったが、この闘争に対し、たくさんの支援を頂き、本当にありがとうございました。また、この木曜日(3月19日)、中労委に訴えていた『国鉄一斉47名解雇撤回』闘争について、中労委は一度の調査も行わず、『却下』の命令を送りつけてきた。前代未聞の暴挙であり、労働委員会も含め、戦後的な労使関係を全部解体するものである。つまりこれが憲法改悪攻撃だ!」と訴えた。

 デモは、新宿中央公園・水の広場をスタートし、都庁前、京王プラザ、甲州街道・新宿駅南口前、明治通り、そして、靖国通りを行進し、「桜を見る会」や「IR汚職」、「森友文書改ざん」、閣議決定による「自衛隊の中東派兵」、そして「辺野古埋立て」、「復興五輪」など数々の暴挙・不正腐敗を生みながら、改憲・戦争に向かう安倍政権に怒りの声を上げた。

■ハイライト

  • デモ 新宿中央公園 → 甲州街道・新宿駅南口 → 明治通り → 四季の路

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です