格闘技K-1の巨大イベントが、明日開催決行!! この時期に世界の常識を打ち破る愚挙!? 観客1万人がコロナのステルス・キラーになる可能性!? 2020.3.21

記事公開日:2020.3.21 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ編集部)

 明日3月22日に、“K-1 年間最大のビッグマッチ”とされる「K’FESTA.3」 ~K’FESTA.3~」が、予定通りさいたまスーパーアリーナで開催される。政府がイベントの開催について「リスクを判断して慎重な対応を」と発表した2日後にだ。

▲さいたまスーパーアリーナ(ウィキペディアより)

 政府のコロナ対策本部では、小中高校の全国一斉休校の要請は春休みの終了後は解除する見込みだが、大規模イベントについては引き続き「リスクを判断して慎重な対応」を求めている。

 こうした要請にこたえて、サッカー、野球、バスケットボールなどが軒並み無観客試合としている。特に濃厚接触の可能性の高い格闘技では、相撲は無観客試合、全日本プロレスも試合中止とするなどの対応が当たり前だが、なされている。スポーツ界全体が、つらい思いをして、活動を中止・延期・無観客試合を決断し、早期のコロナウイルス収束に向けて頑張っているときに、屋内で、観客10000人を集めて、「K’FESTA.3」は、格闘技を開催するとのことだ。

 まさに、政府の伝えるコロナウイルス感染の「発話」「気密」「密集」の3条件が、すべてあてはまる場所での開催ということだ。

 K’FESTA.3は、1万人規模の観客来場が予想される大規模イベントだ。武尊、武居由樹をはじめ、K-1の看板選手が勢ぞろいする大会で人気が高く、中止のコストが巨額とはいえ、それだけの大規模な格闘技イベントを、そのまま実施すること自体、いかがなものだろうか。

 リング上濃厚接触の選手のリスクはもちろんのこと、興奮した観客席でも、大声での歓声によって飛沫が飛び交い、ハイタッチやハグで濃厚接触が発生することは必至だ。多くの観客は若く健康な男性を中心で、全国から駆けつけてくる。この1万人が、症状の出ないステルス・キラーとなって、全国に散らばったら、どうなるのだろうか。10000人規模のクラスターのできあがりとなってしまう。

 K-1サイトの「『K’FESTA.3』に関するお知らせ」には、コロナ対策として、サーモグラフィーによる体温確認により、発熱者は入場を断る可能性があるとされる。功を奏すればよいのだが、1万人の観客入場時にどの程度正確に確認できるのか、不安が残る。しかも発熱した人だけを排除すれば、入場自粛させてれば良いというわけにはいかない。現在、無自覚、無症状で感染している方がいることが明らかになっている。観戦している人たちの中で、無自覚、無症状で罹患している方がいないとは限らない。

 米国では、CDC(疾病予防センター)が50人の集会を8週間、延期の勧告をしている。フランスでは、カフェやレストランが休業を余儀なくされている。このように世界的に、人の集まるイベントや行事を自粛してコロナウイルス感染をおさえようとしているさなかで、10000人を屋内で集めて格闘技の試合を強行するのは、まさに「反社会的」行為と言わざるをえない。

 それ以外には、会場入口でのマスク配布や、スタッフのマスク着用、手洗い・うがいのお願い、消毒液の設置、ミネラルウォーターの無料配布(定期的に飲むことが感染予防)、通常よりも多い外気取込、加湿器と次亜塩素酸水を使った空間除菌、飲食ブースでの飲食販売中止、撮影会・サイン会・握手会・休憩中のサインボール投げなどのイベント中止、一部物販ブースの会場外設置などが列記されている。思いつく限りの対策を並べたようだ。広い空間の中に、加湿器がどれほどの効果があるのか。

 そのほか、発熱や咳、体調に不安、身近にコロナ感染者や可能性のある人は入場禁止としているが、自己申請に頼るということだろうか。体調不良でキャンセルした場合は、チケット返金に応じてくれるのだろうか。ホームページには一切その表示はない。

 また、「咳やくしゃみなどの症状がひどく、他のお客様のご迷惑になると判断した場合」は入場を断ったり、退場させる場合もあるとしているが、咳をするまでは放置されるわけだ。

 やはり、1万人規模の格闘技イベントを実施すること自体に、どうしても無理がある。

▲写真は2007年末、さいたまアリーナで開催された「やれんのか! 大晦日! 2007」(ウィキペディアより)

 K-1のエースでスーパー・フェザー級王者の武尊の対戦相手の、ISKA世界ライト級王者アダム・ブアフフ(モロッコ)など、海外からの参加選手が来日できないことが報じられているが、問題はそこではないはずだ。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です