コロナで日米安保が危うい!? 集団生活を送る自衛隊や在日米軍の一角にコロナ感染者が現れ、感染が広がれば、日米の安全保障に大きな影響が出るのでは!? IWJ記者の質問に河野太郎外防衛相の回答は「うがい手洗い」?? えっ!?~河野太郎 防衛大臣 定例記者会見 2020.2.28

記事公開日:2020.2.28取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:浜本信貴)

特集 #新型コロナウイルス
※20/3/26リード追加

 2020年2月28日(金)13時45分より、東京都新宿区市谷の防衛省記者会見室にて、河野太郎 防衛大臣の定例記者会見が開催された。

 会見冒頭、大臣より、会見日当日の新型コロナウイルスに関する自衛隊の災害派遣について、「下船して宿泊施設に移る乗員の輸送などに60名、帰国された邦人の宿泊支援として尉官を含め25名の隊員が支援活動を行っており、その他交代要員、後方支援要員、停留者など含め、合計758名が活動にあたっている」との報告があった。また、「ダイヤモンド・プリンセス号は、乗員含め、かなり下船がすすんでおり、一定の目処が立ってきた」との所感を表明した。

 続いて、報道各社より、3月2日(月)から実施される学校の臨時休業など、コロナウイルス関連の活発な質問が行われた。

 IWJからは、自衛隊や在日米軍内で感染が一気に広がった場合の対策、自衛隊員や在日米軍人の検査体制の整備状況、そして、日本国内での感染拡大時の在日米軍の日本からの退去の可能性などについて質問をし、河野大臣より「今、各駐屯地・基地でも、しっかりとした防護措置をとるよう、うがい手洗いの励行をふくめ、様々指示を出している。万が一陽性者が出たときのコンティンジェンシー・プランを作れという指示も出している。在日米軍が日本国内での感染拡大によって移動するということは聞いていない」との回答があった。

■ハイライト

  • 会見者 河野太郎氏(防衛大臣、衆議院議員)
  • タイトル 河野太郎 防衛大臣 定例記者会見
  • 日時 2020年2月28日(金)13:50頃〜
  • 場所 防衛省(東京都新宿区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です