口利き疑惑の上野元政務官が「技能実習の職種のあり方に関する検討チーム」主査!? 実習生という名の下の奴隷!川上資人弁護士が吠える!~9.3上野政務官口利き疑惑 野党合同ヒアリング 2019.9.3

記事公開日:2019.9.3取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:八重樫拓也・神山樹乃 文:神山樹乃)

 2019年9月3日(火)14時より東京都千代田区の衆議院本館にて、上野政務官口利き疑惑 野党合同ヒアリングが行われ、技能実習の職種のあり方に関する検討チームなどについて野党議員らが関係省庁より聴き取りを行なった。

 2019年3月19日から7回にわたって厚生労働省労働基準局で行われた「技能実習の職種の在り方に関する検討チーム」の主査が、口利き疑惑で政務官を辞任した上野宏史衆議院議員だったことについて、野党議員から続々と疑問の声が上がった。

 討論会の内容に関しても、「抽象的な言葉が多すぎる」と厳しい言葉が飛び交った。「より実効的な技能実習が可能となるよう」という名目で行われた討論で、「実習に関する柔軟な対応」や「実習実施者に関する要件の緩和」、「職種・作業の大くくり化」という表現が多用された。これに対し日本労働弁護団常任幹事・同事務局次長の川上資人氏は、「曖昧で抽象的な部分を増やして、実習生にどんな仕事でもさせるような表現だ」と一喝した。
 
 つい最近BBCが報道した「日本で『搾取』される移民労働者たち」のドキュメンタリー映像では、賃金未払いのまま違法に労働者を長時間勤務させている日本企業の実態が浮き彫りになり、国内外に衝撃を与えたばかりだ。

 そのBBCのドキュメンタリーについても触れながら、川上弁護士は自身が目にしてきた、技能実習生がおかれている労働環境の悲惨さを訴えた。

 日本は、ニュートラルな海外のメディアの目には、奴隷労働を放置する人権侵害大国としか映らない。そしてそれが日本の醜悪な実像でもある。

 外国人から搾取する制度をつくり、深刻な人権侵害問題を放置する無責任な日本政府、そんな政府に迎合し、外国人嫌悪(ゼノフォビア)やヘイト、レイシズムを煽って数字を稼ぐさもしいマスメディアの罪は重い。

 山井和則衆議院議員は「そういう方(上野氏)がトップであった検討会が、技能実習生の人権を守るための検討をできるとは到底思えない」と断じた。山井氏に今後の検討会のあり方について尋ねられた厚生労働省・人材開発統括官参事官室海外人材育成担当技能実習管理官の平岡宏一氏は「適切に対応していく」と、具体性のない、のっぺらぼうな、回答に終始した。

 川上弁護士は「この問題について支持している世論は一つもない」として、「実習生に労働法を適用せず、権利侵害をして使い倒そうとする技能実習制度は廃止しかない」と訴えた。他の野党議員らも、「廃止するしかないだろう」と口を揃えた。

 当然である。

 上野氏の犯罪容疑を曖昧にぼかし、外国人実習生の人権侵害の問題を放置する政府、こんな重要なテーマを見て見ぬふりをして、嫌韓煽動に狂奔し、国民をあらぬ方向へとミスリードし続けるメディアなど日本に必要ない。即刻、退場すべきである。

■ハイライト

  • 日時 2019年9月3日(火)14:00〜
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「口利き疑惑の上野元政務官が「技能実習の職種のあり方に関する検討チーム」主査!? 実習生という名の下の奴隷!川上資人弁護士が吠える!~9.3上野政務官口利き疑惑 野党合同ヒアリング」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    嫌韓ムードに酔いしれるマスコミよ、この大問題を追求しろ。

    口利き疑惑の上野元政務官が「技能実習の職種のあり方に関する検討チーム」主査!? 実習生という名の下の奴隷!川上資人弁護士が吠える!~9.3上野政務官口利き疑惑 野党合同ヒアリング https://iwj.co.jp/wj/open/archives/456371 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1169001147144818689

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です