あまりに不可解!悪質な1プレー目が反則とされた時点で当該選手に注意も指導もなし?~反則タックル問題・関西学院大学アメフト部が怒り抑えて会見「日大アメフト部自らの手で真相究明を」 2018.5.17

記事公開日:2018.5.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年5月17日(木)13時半より兵庫県西宮市の関西学院会館にて、関西学院大学体育会アメリカンフットボール部主催による 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部『FIGHTERS』日本大学定期戦での反則行為についての説明会(2回目)が行なわれた。

■ハイライト

  • 出席者 鳥内秀晃監督、小野宏ディレクター
  • 日時 2018年5月17日(木) 13:30~
  • 場所 関西学院会館(兵庫県西宮市)
  • 主催 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です