立憲デモクラシーの会 中野晃一氏「G20に参加できず政権担当能力なし! サクラが咲いたら安倍政権には散ってもらいましょう」~森友疑惑を徹底追及、安倍内閣に総辞職を迫る・市民と野党の大街頭宣伝 2018.3.18

記事公開日:2018.3.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年3月18日(日)14時より東京都新宿区の新宿駅西口にて、「森友疑惑を徹底追及、安倍内閣に総辞職を迫る 3.18新宿西口・市民と野党の大街頭宣伝」が行われた。

■ハイライト

  • スピーチ 長妻昭氏(立憲民主党代表代行、衆議院議員)/志位和夫氏(日本共産党委員長、衆議院議員)/福島瑞穂氏(社会民主党副党首、参議院議員)/広渡清吾氏(安全保障関連法に反対する学者の会発起人、東京大学名誉教授、元日本学術会議会長)/醍醐聡氏(納税者一揆呼びかけ人、東京大学名誉教授)/飯島滋明氏(憲法学者)/馬場ゆきの氏(未来のための公共、大学生)/奥田愛基氏(元SEALDs、大学院生)/中野晃一氏(市民連合、上智大学教授)/高田健氏(総がかり行動)/労働弁護団

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です