「働く為に生きているのではなく、生きる為に働いている」~裁量労働制の切り離しだけではない!高プロも上限規制も白紙撤回すべき!過労死対策弁護団・原告ら厚生労働省に申し入れ 2018.3.1

記事公開日:2018.3.5取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年3月1日(木)10時より東京都千代田区の厚生労働省中央合同庁舎にて、過労死事故死対策の厚生労働省申し入れ、11時から記者会見が行われた。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • 日時 2018年3月1日(木) 10:00頃~(申し入れ)、11:00~(記者会見)
  • 場所 厚生労働省中央合同庁舎(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“「働く為に生きているのではなく、生きる為に働いている」~裁量労働制の切り離しだけではない!高プロも上限規制も白紙撤回すべき!過労死対策弁護団・原告ら厚生労働省に申し入れ” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「働く為に生きているのではなく、生きる為に働いている」~裁量労働制の切り離しだけではない!高プロも上限規制も白紙撤回すべき!過労死対策弁護団・原告ら厚生労働省に申し入れ https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413598 … @iwakamiyasumi
    人間として当然の訴え。日本の民主主義は労働問題から始まるかもしれない。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/970636226578411522

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です