裁量労働制の悪用で横行する不払い残業・訴えても労基署が門前払い!労働現場はすでに無法地帯?! ~裁量労働制の拡大は「ブラック企業合法化だ!」虚偽データ疑惑・野党合同で厚労省を追及 2018.2.27

記事公開日:2018.2.27取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年2月27日(火)13時より、東京都千代田区の衆議院本館にて、第10回「働き方改革虚偽データ疑惑」野党合同ヒアリングが行われた。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画 ※「音声が途切れており、聞きづらくなっております。何卒ご了承ください」

  • 日時 2018年2月27日(火)13:00~
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“裁量労働制の悪用で横行する不払い残業・訴えても労基署が門前払い!労働現場はすでに無法地帯?! ~裁量労働制の拡大は「ブラック企業合法化だ!」虚偽データ疑惑・野党合同で厚労省を追及” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    裁量労働制の悪用で横行する不払い残業・訴えても労基署が門前払い!労働現場はすでに無法地帯?! ~裁量労働制の拡大は「ブラック企業合法化だ!」虚偽データ疑惑・野党合同で厚労省を追及 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/413385 … @iwakamiyasumi
    機能不全に陥った行政も改善できず、働く人も救えない。まさに悪法。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/968598256232972288

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です