望月衣塑子・東京新聞記者の官房長官会見報告は会員限定公開!木村真・豊中市議、黒川敦彦氏、ジャーナリスト浅野健一氏が一堂に!~人権と報道を考えるシンポジウム「森友・加計疑獄と報道――ゆがめられた行政を監視する責任」 2017.12.17

記事公開日:2017.12.22取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月17日(日)13時半より東京都千代田区のスペースたんぽぽにて、第33回人権と報道を考えるシンポジウム「森友・加計疑獄と報道――ゆがめられた行政を監視する責任」が開催された。

■ハイライト

  • パネリスト 木村真氏(森友学園問題を考える市民の会共同代表、豊中市議会議員)/黒川敦彦氏(加計獣医学部問題を考える会共同代表)/望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者)/浅野健一氏(人報連世話人)/司会 山際永三氏(人報連事務局長)
  • タイトル 第33回人権と報道を考えるシンポジウム「森友・加計疑獄と報道――ゆがめられた行政を監視する責任」
  • 日時 2017年12月17日(日)13:30〜17:00
  • 場所 スペースたんぽぽ(東京都千代田区
  • 主催 人権と報道・連絡会(人報連)詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です