「真の愛国者ならミサイル危機を案じ、原発停止を主張すべきだ」〜北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える! 岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー 2017.9.15

記事公開日:2017.9.16取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限でご覧いただけます! 一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内のコンテンツが御覧いただけます。
(記事公開から1ヶ月経過後、サポート会員限定公開となったコンテンツにつきましても、一般会員特別価格50円でご覧いただけます。)→ご登録はここから

 2017年9月15日(金)、東京都千代田区のさくら共同法律事務所にて、河合弘之弁護士に岩上安身がインタビューを行った。

■ハイライト

■イントロ

  • タイトル 新幹線を停める前に原発を停めろ!北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える!岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー
  • 日時 2017年9月15日(金)17:30頃〜19:00
  • 場所 さくら共同法律事務所(東京都千代田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

“「真の愛国者ならミサイル危機を案じ、原発停止を主張すべきだ」〜北朝鮮のミサイル攻撃を想定し高浜原発運転停止を訴える! 岩上安身による河合弘之弁護士インタビュー” への 2 件のフィードバック

  1. 河村大典 より:

    ひとつの嘘をつくことは、7つの嘘を用意しなければならない。
    原発に働いている人は北のミサイルにどう避難するのか。また、電磁パルスの攻撃に原発の電源は喪失しないのか。新たな水の供給できる設備が必要ではないか。避難塔など新たな設備費が必要ではないのか。
    安部の「異次元の攻撃」と金正恩の「無慈悲な攻撃」どちらが勝つのか。子供の喧嘩と同じレベルの論にすぎない。

  2. 須崎隆一 より:

    いつも貴重なインタビュー等のネット配信をありがとうございます。
    この河合弁護士の反原発が全てに優先する問題だ、という主張に大変感銘を受けました。
    私も微力ながら毎月反原発のビラまき行動をに参加しています。
    ただ、今回のIWJ作成のパワポで一点気になった件がありました。物理の話です。
    北朝鮮の水爆らしき核の威力が広島型原爆の17倍、だということから被害範囲が4kmの17倍の68kmと計算されている点です。17倍はエネルギーが17倍ということです。エネルギーは立体的に3次元の話です。
    これに対し距離は1次元です。影響の及ぶ範囲の距離を計算するには17の三乗根をとらなければなりません。例えば1リットル(1000立法センチメートルの体積)は立体では1立方センチメートルの
    1000倍ですが、1リットルの縦、横、高さの距離は10センチメートルです。すなわち1000立法センチメートルの三乗根で10センチメートル、立体が1000倍なら距離はその三乗根の10倍です。
    今回の広島の17倍、を概算してみると2.5×2.5×2.5=15.6ですからほぼ17に近いということで17の三乗根は約2.5、4キロメートルの2.5倍で10キロメートルになりとても68キロメートルにはなりません。
    ジャーナリストはときとして科学的記事に間違いを犯し例えば朝日新聞でも”1万ボルトの高圧電流が流れています。”といった記事を書いたりしていますが、ボルトは電圧の単位であり電流(単位はアンペア)とは全くことなった概念です。
    科学リテラシーが多くの日本人に欠如している教育問題を憂いている元物理学徒として敢えて投稿させていただきました。今後ともIWJの活動には大いに期待しています。(5月にはカンパさせていただきました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です