年内に大事故が起こる!? 「高浜原発の使用済み核燃料ピットは、六ヶ所処理工場へ搬出できず、容量約2倍の核燃料をプールにぎゅうぎゅう詰め」―広瀬隆氏、広河隆一氏が安定ヨウ素剤事前配布の要望書 2017.4.30

記事公開日:2017.5.1取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月30日(日)、東京都中野区のなかのZEROにて、DAYS救援アクションの主催により、「日本列島の全原発が危ない 〜広瀬隆白熱授業2時間!!」と題し、ノンフィクション作家の広瀬隆氏による講演が行われた。

■ハイライト

  • 講演 広瀬隆氏(ノンフィクション作家)
  • タイトル 日本列島の全原発が危ない 〜広瀬隆白熱授業2時間!!〜 企画・司会 広河隆一
  • 日時 2017年4月30日(日)18:45〜
  • 場所 なかのZERO(東京都中野区)
  • 主催 DAYS救援アクション
  • 告知 What’sデモクラシー?サイト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「年内に大事故が起こる!? 「高浜原発の使用済み核燃料ピットは、六ヶ所処理工場へ搬出できず、容量約2倍の核燃料をプールにぎゅうぎゅう詰め」―広瀬隆氏、広河隆一氏が安定ヨウ素剤事前配布の要望書」への2件のフィードバック

  1. 清沢満之 より:

    日本国民が立ち上がって、自主的に行動を起こさない限り、先の大戦の時と同じく、「立場主義」が日本を“破滅„させるのも時間の問題だな。

    【全国のみなさま・・・広河隆一・広瀬隆からのお願いです。】

     添付ファイルをご覧ください。

     次の末期的な原発大事故の危険性が、日々ますます迫ってくる中で、福島県のみならず東日本全域で多数の甲状腺癌の発生が明らかになり、一方、川内原発・伊方原発に続いて高浜原発・玄海原発の再稼働が目前に近づき、早期のヨウ素剤の事前配布の取り組みの必要性が、いよいよ喫緊の課題になってきました。

     無念にも、裁判所の人事権を握った「凶暴・狂気・兇悪な日本政府」の共謀のもとに、再稼働阻止~全原発の即時廃炉のゴールが次々と突き崩されている今、もう座視していることはできません。

     子供たちを守れるのは、私たちだけです。急いで大事故の対策をとってから、次の行動に移りましょう。
     そこで関係各省庁、各電力会社、原発立地自治体および周辺の自治体宛てに、添付ファイルのように要望書を提出するに至りました。

     全国から、賛同される方を募っています。
    「ヨウ素剤の事前配布を求める会」の緊急行動の趣旨に賛同される個人・賛同団体は、ぜひとも、下記までご連絡をお願い申し上げます。
    http://hibi-zakkan.net/archives/49933981.html

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    広瀬さんの予言を現実にしないためにも、すべての日本人は知らなくてはいけない事実。
    残された時間はあまりに少ない。

    年内に大事故が起こる!? ―広瀬隆氏、広河隆一氏が安定ヨウ素剤事前配布の要望書
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/376438 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/859333037120671744

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です