第32回「4・9反核燃の日全国交流集会」 2017.4.8

記事公開日:2017.4.9取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月8日(土)16時15分より、青森市のアウガAV多機能ホールにおいて原水爆禁止日本国民会議(原水禁)主催の第32回「4・9反核燃の日全国交流集会」が開かれ、東北大学大学院教授・長谷川公一氏(社会学)が「青森県民が福島原発事故からまなぶこと」と題し講演を行った。

■全編動画

5分〜 開会/6分〜 藤本氏挨拶/10分〜 今村氏挨拶/17分〜 長谷川氏講演/1時間33分〜 山田氏報告
  • 主催挨拶 藤本泰成氏(原水禁日本国民会議事務局長)/今村修氏(原水禁青森県民会議代表)
  • 講演 長谷川公一氏(東北大学大学院教授)「青森県民が福島原発事故からまなぶこと」
  • 報告 山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局長)「青森県の原子力施設の現状報告」
  • (※このあと行われた各地からの報告は録画に含まれません)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です